もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
card - クレジットカード
更新日 2018年12月01日

MUFG プラチナ・アメックスカード | クレジットカードで夫婦のプライオリティパスが無料!

 
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

 クレジットカードの中でも高い「プラチナ」クラスでありながら、リーズナブルな年会費でも知られるMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(通称:MUFGカード・プラチナアメックスカード)。このクレジットカードが持つ様々な特徴を、MUFGプラチナ・アメックスカード利用者である私(モリオ)が徹底解説していきたいと思う。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGグループ傘下の三菱UFGニコスが発行するアメリカンエキスプレスのプラチナカード。年会費は20,000円+税とプラチナカードとしては年会費はかなり安め。それでいて「プラチナ」の名前に恥じない様々な特典が付いてくる人気のクレジットカードだ。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
クレジットカードの特長
家族カードが1枚無料
本会員カード、家族カードでそれぞれ1枚ずつプライオリティパスを無料で発行可能
海外旅行に便利な宅配サービスなど、様々な優遇特典
提携レストランやゴルフコースの優遇サービス
1,000円につき1ポイント(グローバルポイント)を獲得
ポイントはJALやシンガポール航空、大韓航空のマイルに交換可能(1ポイント=8マイル)
プラチナ・コンシュルジュサービスを24時間利用可能
自動付帯の海外旅行保険
年会費
20,000円+税金
家族カード
1枚無料 / 2枚目から3,000円+税

 
家族カードを1枚無料で作ることができる

 まず最初に、このMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴として「家族カードを一枚無料で作ることができる」というメリットがある。

クレジットカード:家族カードとは
本会員カードの分身のようなクレジットカードで、家族カードを利用すると、請求はすべて本会員のクレジットカードにまとめて請求が来るようになっている。もちろんクレジットカード利用限度額も本会員カードと共有となる。またマイルなどのポイントが貯まるクレジットカードの場合は、家族カードを使ってもポイントが貯まる。

 

 通常、ゴールドカード以上のステータスを持つクレジットカードの場合は、この【家族カード】を作る際の年会費は5,000円〜10,000円ほどと、そこそこのコストがかかる。しかし、このMUFGプラチナアメックスカードは家族カードを1枚分無料で作ることができるので、相当お得なクレジットカードと言えよう。更に、驚くことに家族カード2枚目以降も1枚あたり3000円を追加するだけで、本会員カードと同じクレジットカードの発行ができるのも大きな特徴だ。

 1枚目の無料で発行できる家族カードは夫が本会員であれば妻用の家族カード、もしくは妻が本会員であれば夫用の家族カードを発行し、それ以降は1枚につき3000円の負担で大学生の子供に家族カードを発行したり、同居の両親に家族カードを発行したりすることができるのだ。そしてこの家族カードは本会員が受けることができるサービスと同等のサービスを受けることができるという(次に解説するプライオリティパスも無料で発行が可能)、何とも太っ腹な家族カードなのだ。

 
プライオリティパスが無料(家族カードも)

 次に特筆すべきMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴(メリット)は、「無料でプライオリティパスを作ることができる」ということ。しかも、家族カードも本会員カードと同じように無料でプライオリティパスを作ることができるのだ。

プライオリティパス
プライオリティパスとは、世界500都市・1200か所以上の空港ラウンジが利用できる会員カード。その中には普通であればビジネスクラス以上に搭乗しないと利用することが出来ない各航空会社のビジネスクラスラウンジも含まれている。このプライオリティパスがあれば、エコノミークラスを利用する場合でも、その空港ラウンジをビジネスクラス客と同じように利用することができる、旅行好きな人に大人気の会員カードだ。

 このプライオリティパスには「スタンダード会員 / ラウンジ利用1回27ドル」、「スタンダード・プラス会員 / ラウンジ利用年間10回まで無料、以降は1回利用につき32ドル」と、「プレステージ会員 / ラウンジ利用無料(無制限)」があるのだが、このMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特典で作ることができるプライオリティパスの会員ランクは一番上の【プレステージ会員】。

 普通にプライオリティパスに入会しようとすると、スタンダード会員は年会費99ドル、スタンダード・プラス会員は年会費299ドル、プレステージ会員に至っては年会費429ドルものコストがかかる。しかし、MUFGカード・プラチナアメックスカードを作れば、その年会費429ドルがタダで手に入るという、とんでもなくコスパの良いクレジットカードになっているのだ。

 さらに、無料で1枚作れるMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの家族カードでも、無料でプレステージ会員のプライオリティパスが無料で作成可能。つまり20,000円のMUFGプラチナアメックスカードの年会費だけで2枚のプライオリティパス(プレステージ会員)を手に入れることができる、というわけだ。私達夫婦もこのプライオリティパス2枚欲しさに、このクレジットカードを保持していると言っても過言ではない。

 また、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードで取得できるプライオリティパスには更にお得なステータスが付いている。それは、通常プライオリティパスは本人のみに有効で、同伴者は追加料金が必要となるのだが、他のクレジットカード(楽天プレミアムや、アメックスカードなど)の特典で作ることが出来るプライオリティパスの同伴者料金は楽天プライオリティパスは3,000円 / 1人、アメックスカードは32ドル(約3500円) / 1人なのに対し、このMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの同伴者料金は2,000円 / 1人と1,000円以上もお得。これもMUFGカード・プラチナアメックスカードならではの特典といえるだろう。※今後、変更される場合もある。

 ただし、この特典のプライオリティパスは、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを取得後に、自分でMUFGカードの本サイトから申し込みをする必要があり、さらにそのプライオリティパスは1年間の有効期限となっており、更新作業も自分でネットで申請(申請は有効期限の1ヶ月前からOK)する必要があるので忘れないようにしよう。

 
プラチナ・コンシュルジュサービスを24時間利用可能

 プライオリティパス以外にもまだまだMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのメリットの大きい特典は続く。次に紹介したいのは「24時間利用可能なプラチナ・コンシュルジュサービス」だ。ホテルの予約や、レストランの紹介、飛行機のチケットの手配、緊急の病院紹介など、様々なライフスタイル&旅行の相談や手配を行ってくれるコンシュルジュサービスを24時間365日、日本語で世界中どこからでも電話で利用することができる。さらにその電話ホットラインは、世界中のほとんどの国から無料通話またはコレクトコールでかけることができるのも頼もしい。

 また、緊急の要件だけでなく、両親を旅行に連れて行った際のおすすめのツアー検索だとか、希望に合わせたギフトの相談・手配といった案件にもきめ細やかに対応してくれる。こんな頼もしいプラチナ・コンシュルジュサービスを、このMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを作るだけで利用できるなんてステキだ。

 
手荷物空港宅配サービス

 自宅から空港まで、そして空港から自宅まで、スーツケースなどの旅行かばんを、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード1枚につき1つ無料で届けてくれる「手荷物空港宅配サービス」も年間無制限で利用可能。自宅から空港までは「出発日より7日前までに」電話で予約する必要があるので注意が必要だが、空港から自宅までは帰国日の空港到着時に専用カウンターで申し込みできる。もちろん家族カードもこのサービスを利用可能。空港から手ぶらで自宅に帰って、後日玄関先でスーツケースを受け取るのはかなり便利なので、旅行の際は必ず利用したい特典だ。

 また、JAL(日本航空)のフライト利用の場合(グアム・ハワイを含むアメリカ路線、もしくはアメリカ経由線、およびコードシェア便は対象外)は、自宅からスーツケースを送るとき、荷物の受取を空港ではなく旅行先の空港で受け取る「手ぶらチェックインサービス / 無料」というサービスを受けることができる。家から空港までの移動時にスーツケースを持ち歩かなくていいというのはとても身軽でありがたいサービスだ。

 そして、12月1日〜3月末の期間限定ではあるが最大30日間の「コート(防寒具)預かりサービス / 無料」もMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特典に付いているので覚えておこう。こもちろん、このサービスもMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの本会員だけでなく、家族カード会員も同じように利用することが可能だ。例えば、本会員と一緒の旅行でなくても、家族カードの会員だけが海外旅行に行くという場合にも使えるサービスなので、家族カードを持っている妻が「友達とハワイ旅行に行く」なんていうときにも使えるのが嬉しい。

 
旅行傷害保険

 万が一の旅行先での事故、病気に対応してくれる旅行傷害保険もこのMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードには付いている。しかも、旅行代金をカードで支払う必要が無い「自動付帯」の旅行保険で、カードを持っていない家族も補償される家族特約付き(家族カードには家族特約は無し)。保険内容は以下のとおり。なお、家族特約の対象となるのは、家族カードを持っていない本会員の配偶者、本会員と生計を共にする無収入の両親(義親含む)、本会員と生計を共にする無収入の子供。

海外旅行傷害保険 / MUFGカード・プラチナアメックスカード
補償内容本会員・家族会員家族特約対象者
傷害による死亡・後遺症5,000万円(利用付帯で1億円)1,000万円
傷害治療200万円200万円
疾患治療200万円200万円
賠償責任3,000万円3,000万円
携行品損害50万円 / 1旅行50万円 / 1旅行
救援者費用200万円200万円
乗継遅延(客室料・食事代)2万円限度無し
出航遅延(食事代)1万円限度無し
寄託手荷物遅延(衣類購入等)1万円限度無し
寄託手荷物紛失(衣類購入等)2万円限度無し
国内旅行傷害保険 / MUFGカード・プラチナアメックスカード
補償内容本会員・家族会員家族特約対象者
傷害による死亡・後遺症5,000万円1,000万円
入院費用5,000円 × 日数5,000円 × 日数
手術5,000円 × (10-40倍)5,000円 × (10-40倍)
通院2,000円 × 日数2,000円 × 日数
乗継遅延(客室料・食事代)2万円限度無し
出航遅延(食事代)1万円限度無し
寄託手荷物遅延(衣類購入等)1万円限度無し
寄託手荷物紛失(衣類購入等)2万円限度無し

 補償金額はそれほど大きなものではないが、自動付帯で家族までカバーされる上、家族カードにも本会員と同じ旅行傷害保険が付帯しているのは大きなメリットだと言える。(家族カードには家族特約は無し)

 
ホテルやレストランでの優待

 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードで支払うことで、特別優待レートでの宿泊や、朝食サービス、アーリーチェックイン&レイトチェックアウトなどの特典を受けられるホテル、レストランのコース料理を2人予約すると2人目が無料になるレストランなど、嬉しい優待サービスの特典もある。ただしこちらの優待については、該当のホテルやレストランが限られてくるので、地域や生活スタイルなどによってメリットとなる場合、ならない場合とわかれてくるところだ。

 
ハーツレンタカーの優待サービス

 海外旅行先でハーツレンタカーを利用の際には、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードでの支払いで、アフォーダブル料金(日本で事前予約した場合の車両補償付きのお得な割引料金)からさらに10%優待でレンタカーを借りることができる他、日本語対応のカーナビシステムを25%割引で利用可能。

 また、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特典として、ハーツレンタカーの「ハーツGoldプラス・リワーズ」の会員資格が付与され、現地で専用カウンター利用などができるといった特典を利用可能な上、日本国内でもトヨタレンタカーをハーツGoldプラス・リワーズ会員優待料金で利用可能となる。

 
名門ゴルフ場予約代行サービス

 予約が難しい名門ゴルフ場(MUFGと契約のあるゴルフ場に限る)を本人に代わって予約してくれるサービスもあったりする。私自身ゴルフはやらないので、正直このメリットがどこまで凄いのかはよくわからないが、ゴルフが大好きな人にとっては嬉しい特典ではないかと思う。予約成約すると、一組につき成約手数料として5,000円(税別)がクレジットカードに請求される。

 
クレジットカード利用で貯まるグローバルポイント

 クレジットカード特典の説明の最後に、このMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの利用で貯まるグローバルポイントの紹介もしておこう。このポイントは、クレジットカード利用1,000円につき1ポイント(クレジットカード入会初年度は1.5倍 / 入会時に指定した「記念月」にはポイント2倍)、海外利用ではいつでも1,000円利用ごとに2ポイントのグローバルポイントが貯まる(グローバルポイント有効期限は取得から2年間)。さらに、前年に50万円以上-100万円未満クレジットカードの利用で次年のポイント加算が1.2倍、前年に100万円以上クレジットカード利用で次年のポイント加算が1.5倍になるボーナスもある。

 さらに、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードには「ランク」(最大5ランク / 累積でカードを解約しないかぎりランクは下がらない)があり、カード継続で1ランクアップ、1年のクレジットカード利用額が50万円以上で1ランクアップしていき、最高の5ランクに達する(最短で3年掛かる)と、その会員は「5スターメンバー」となる。そのファイブスターメンバーが1年間にクレジットカードを50万円以上-100万円未満利用すると+10%、1年間にクレジットカードを100万円以上利用すると+20%、他のボーナスアップとは別にポイントボーナスを次年度に受け取ることができる。つまり、このファイブスターメンバー制度を組み合わせることで、1,000円クレジットカード利用(国内)で最大1.7ポイント(基本1ポイント+カード利用1年間100万円以上ボーナス50%で0.5ポイント+ファイブスターメンバーのカード利用1年間100万円以上ボーナス20%で0.2ポイント)のグローバルポイントを獲得できる、、、というわけだ。

 さて、この頑張って貯めたグローバルポイントの交換先。その交換先には以下のようなものがある。

JAL(日本航空)のマイルに交換
日本航空(JAL)のマイルに、1グローバルポイント=8マイルのレートで交換可能。200ポイント以上、100ポイント単位での交換が可能となるが、マイル交換に際してはマイル交換用の追加年会費3,000円+税と、交換1回に付き6,000円+税の手数料の支払いが必要となる。また、一度の交換の限度は1,900ポイント(15,200マイル)まで。

シンガポール航空のマイルに交換
シンガポール航空のマイルに、1グローバルポイント=8マイルのレートで交換可能。200ポイント以上、100ポイント単位での交換が可能となるが、マイル交換に際してはマイル交換用の追加年会費3,000円+税と、交換1回に付き6,000円+税の手数料の支払いが必要となる。一度の交換の限度は無し。

大韓航空のマイルに交換
大韓航空のマイルに、1グローバルポイント=8マイルのレートで交換可能。200ポイント以上、100ポイント単位での交換が可能となるが、マイル交換に際してはマイル交換用の追加年会費3,000円+税と、交換1回に付き6,000円+税の手数料の支払いが必要となる。一度の交換の限度は3,800ポイント(30,400マイル)まで。

JTBのホテル宿泊プランに交換
JTBが手掛ける「JTBえらべるギフト たびもの撰華」の各グレードに交換も可能。「極」(約10万円)プランで26,000ポイント、「椿」(約1万円)プランで3,000ポイントなど各グレードによって必要ポイント数も異なる。

商品や商品券と交換
MUFGカードが用意したいろいろな商品(ハサミから電化製品までいろいろ)や商品券(iTunesカード、アマゾンギフトなど)と交換も可能。一例としてダイソンの掃除機V8が17,500ポイント、アマゾンギフト1,000円分が350ポイントなど。

キャッシュバック
1ポイント4円でキャッシュバックも可能。ただし最低交換ポイントは500ポイント(2,000円分)から。受け取りは現金ではなく、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの利用額から差し引く形となる。

 ポイントの有効期限が2年間となるため、あまり大量のグローバルポイントを貯めるのは難しいのがネックとなるが、少量のポイントであれば生活品に交換できるなどのメリットもある。ただ、こちらのポイントに関しては正直あまりオススメできるものが少ないので、このポイント交換プログラムに関しては、私としてはおまけ程度に考えてもいいのではないかと思っており、私自身もクレジットカード利用で貯めるポイントは別のクレジットカードにしている。

 
海外旅行に強いクレジットカードとして

 以上がこのMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの持つ特徴やメリットだ。正直、最後のポイント交換に関しては使い所が難しいというデメリットな部分もあるが、年会費20,000円+税で2枚のプライオリティパスが作れることと(3000円の有料家族カードを発行したらその家族カード全てにもプライオリティパスを無料で発行可能)、空港と自宅間のスーツケース宅配(無制限)や、自動付帯の海外旅行&国内旅行の旅行傷害保険といった大きなメリットが光る、旅行に強いクレジットカードだということがよく分かる。

 私たちはこのMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードはサブカードとして保持しており、このクレジットカードのおかげでプライオリティパスを2枚手に入れ、どんな格安フライトのチケットであっても、ほとんどの空港でラウンジを利用させてもらっている。またクレジットカードだけで1,000万円を軽く超える旅行傷害保険(治療費分)を実現するための構成クレジットカード

クレジットカードだけで海外旅行傷害保険の治療費分を1000万円にする方法。 クレジットカードだけで、海外旅行傷害保険の治療費を1000万円までカーバーする方法を紹介。少し費用が掛かっても海外旅行も充実させたい場合や、出来るだけ安く押さえたい場合など、様々なニーズに合わせたクレジットカードの組み合わせを公開。

としても一躍を担い、さらに手荷物宅配サービスで空港からの帰りを楽々にしてくれる、非常に頼もしいクレジットカードだ。メインでは使わないけれど、海外旅行には無くてはならないクレジットカード、それがわたしたち夫婦にとってのMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードだ。

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間40万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP