お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP ロイヤル・カリビアン・クルーズ特集 ロイヤルカリビアン ボイジャー・オブ・ザ・シーズのメインダイニングの朝食
cruise - クルーズ旅行

ロイヤルカリビアン ボイジャー・オブ・ザ・シーズのメインダイニングの朝食

Image
クルーズ船・メインダイニングの朝食
 ロイヤルカリビアンのクルーズ船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」のメインダイニングでの朝食の様子や実際の食事などを実体験レポートしたい。このボイジャー・オブ・ザ・シーズのメインダイニングのレストランは、夕方以降のディナータイムでも利用されている大きなダイニングスペースで、船のデッキ3・4・5の後方に位置する迎賓館のような豪華な内装で彩られたレストランだ。フロアの中央には大きなシャンデリアが飾られていてゴージャスな雰囲気をより引き立てている。そして、シャンデリアの奥に見える大きな階段はあのタイタニックにあった大階段のレプリカ。豪華でゴージャスな気分が味わえる、とんでもなくスケールが大きいレストランだ。
 ここでの朝食は、全てクルーズ料金に含まれているため「無料」。しかし、フリーの食事にもかかわらず、ちゃんとウェイターサービスが付いている本格的なレストランとなっている。
 
 
Image
落ち着いて朝食が食べられるレストラン
 クルーズ船のボイジャー・オブ・ザ・シーズでは、朝食タイムにはデッキ11のウィンジャマーカフェ(Windjammer Cafe / ビュッフェレストラン)や、デッキ5のプロムナード(デッキの中央に作られたテーマパークのようなストリート)あるカフェ・プロムナードカフェ(Cafe Promenade)でも無料の朝食をいただけるが、その2つのレストランはセルフビュッフェ式で完全自由席。混み合う朝は、席を見つけるのが非常に困難なのだが、このメインダイニングでの朝食は、このように順番を待つ必要はあるが、ちゃんとテーブルが用意されるので、自分で空席を確保する必要が無い。落ち着いて食事ができるというメリットもあるのも魅力的なのがこのメインダイニングでの朝食だ。
 
Image
相席になることも
 クルーズ船での食事というと、限られたスペースで大人数が利用するということもあり、知らない人同士で相席となることもしばしば。今回私達が朝食に訪れたときも、老夫婦2人組、お母さんと子供2人、そして私達2人の相席での朝食となった。
 なお、席に余裕がある場合は「Separated Table, Please.」といえば、相席とならない少人数の席を用意してくれることもあるが、かなり込み合う朝食タイムでは、相席となるシチュエーションも多くなる。ただ、クルージングでの「相席」は新たな出会いのはじまり。相席になるとそこから、自然と会話も弾み、クルーズでの様々な情報をゲットするチャンスにもなる。
 
Image
メインダイニングの朝食の服装
 では食事の前に、このメインダイニングでの朝食の服装を少し紹介しておこう。クルーズ旅行というと、その日その日でドレスコードが用意されており、そのドレスコードに合わせた服装をするのが一般的ではあるが、それは夕方以降のお話。ここメインダイニングでも、朝食はみんなそこそこカジュアルな格好でやってきている。
 この写真は相席した人たちの服装。私の隣のおじちゃんは、アロハシャツのような襟付きの服装、奥さんはボーダーのTシャツ、向かいの子供のお母さんはカーディガンを羽織った街着スタイル・・・と、本当に人それぞれ。ただ、メインダイニングは朝もテーブルクロスが掛かった、しっかりした雰囲気のレストランなので、男性なら襟付きの服の方がしっくり場に馴染むだろう。
 
Image
ミヅキ(女性)の服装
 ミヅキのメインダイニング・朝食での服装がこちら。これからタイのプーケットに寄港地観光に行くので、それに合わせたTシャツスタイルのカジュアルなものになっている。
 
Image
モリオ(男性)の服装
 私の朝食の服装はこちら。上はいつもの無地のポロシャツ。男性の場合、クルーズ旅行では、ポロシャツを数枚用意しておくと、どんなシチュエーションでもある程度カバーできるので、用意しておくと非常に重宝する。
 
Image
朝食メニューはビュッフェ+アラカルト
 ボイジャー・オブ・ザ・シーズのメインダイニングの朝食は、ビュッフェとアラカルトメニューのミックススタイルとなっており、フルーツやサラダ、パン、ジュースなどは中央のビュッフェカウンターから自分で持ってくるようになっている。
 
Image
ビュッフェの品揃え
 メインダイニングのビュッフェに用意されているメニューは、フルーツやジュース、シリアルなど、デッキ11にあるビュッフェレストランのメニューよりは少なめな品揃えではあるが、おかゆやキムチなどの東アジアのゲスト向け料理も置かれている。
 
Image
アラカルトメニュー
 続いてアラカルトメニューも見ていこう。席に座るとウェイターさんがアラカルトメニューを持ってきてくれる。通常は英語版のメニューであるが、「Japanese Menu, Please」と言うと、日本語版のメニューを用意してくれる。なお、メニューに書かれているもののうち半分以上はビュッフェのメニューで、オムレツなどの一部料理のみがオーダーで持ってきてくれる。
 どれが一品料理なのか・・実際のところ、メニューを見ただけではよく分からないのだが、適当にメニューに載っている中で欲しいものをオーダーしてみると、ビュッフェに自分で取りに行く必要があるものに関しては「それはビュッフェにあるので取りに行ってね」と教えてくれるので大丈夫だ。
 
Image
アラカルトメニューのパンケーキ
 こちらはミヅキが頼んだアラカルトメニューのパンケーキ。1枚ずつ手で焼いたパンケーキにパウダーシュガーがかかっている。席にサーブしれくれた後、「シロップ?」と聞いてくれるので「イエス」と答えるとメープルシロップをたっぷりかけてくれる。
 
Image
エッグベネディクト
 私が頼んだのがこちら、エッグベネディクト。メニューには載ってなかったと思うんだけど、頼んでみると、作って持ってきてくれた。ありがとうございます♪
 
Image
慌ただしいクルーズ船のオアシス
 ロイヤルカリビアン・ボイジャーオブザシーズのメインダイニングでの朝食。クルーズ船の朝は、寄港地観光などのイベントが目白押しのため、同じ時間にゲストも集中し、ビュッフェレストランや軽食カフェは座る場所も無いぐらい混み合うのだが、メインダイニングなら待ち時間はあるものの、自分のテーブルをちゃんと用意してくれて、落ち着いて食事ができる、オアシスのような空間が広がっている。
 メインダイニングでの食事はゆっくり目なサーブとなることが多いので「あと20分で食事を済ませなくては・・・」なんてシチュエーションでは使えないが、少しゆっくり目のスケジュールを考えている日なんかには、とても最適な選択肢のひとつになるはずだ。
 
ロイヤルカリビアンのクルーズ予約
 ロイヤルカリビアンの日本語サイトでは、いろんなお得なクルーズ旅行がある。かなり頻繁にセールもやっているので「ロイヤルカリビアンのクルーズ旅行に行ってみたいなぁ」と思ったら、下のリンクから現在のお得なクルーズを見つけよう!
SPGアメックス SPGアメックスカード 高級ホテルもポイントで無料宿泊!モリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
 
COPYRIGHT (c) 2015 - 2021 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 生活 宿泊記 旅行記 ホーム