ホテル

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

目次

  1. JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ 高層階エグゼクティブラウンジルーム
  2. JWマリオットでのチェックイン
  3. お部屋は6004号室
  4. エグゼクティブラウンジルームのお部屋
    1. お部屋の場所
    2. 壁にカードスロット
    3. お部屋のクローゼット
      1. キャビネット
      2. セキュリティボックス
    4. ダイニングスペース
    5. ベッドはシングルベッドが2つ
      1. サイドテーブル
      2. 反対側のサイドテーブル
      3. ターンダウンサービス
    6. 多目的デスク
      1. コンセント類はすべてデスクの中
      2. インルームダイニング
    7. 窓際のソファスペース
      1. ウェルカムフルーツ
      2. 朝日の眺め
      3. ドバイの夜景
  5. JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイのお部屋のバスルーム
    1. バスルームのアメニティ
    2. シャワーヘッドは2タイプ
    3. アメニティブランドは「Aromatherapy Associates」
    4. 無料のミネラルウォーター
      1. トイレの設備
  6. JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ エグゼクティブラウンジルームの評価は?
  7. マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのお問い合わせ

JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ 高層階エグゼクティブラウンジルーム

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

かつては世界一の超高層ホテルとして世界中にその名を轟かせた「JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ」。現在もその人気は衰えておらず、世界中から沢山のゲストが訪れるこのホテルで、私達は高層階に位置するエグゼクティブラウンジルームに宿泊してきたので、そのお部屋の詳細などを滞在レポートしてみたいと思う。

今回私達が宿泊するお部屋「エグゼクティブラウンジルーム」は、JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイの60階に位置する高層エリアにあり、37階にあるエグゼクティブラウンジにもアクセスできるクラブレベルのお部屋でもある。

実は私達は一番安い部屋を予約していたのだが、マリオットの上級会員ということで60階の超高層「エグゼクティブラウンジルーム」にアップグレード!!

私達がアップグレードしてもらったこの高階層のお部屋は、「マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードを作るだけでなることができるマリオット・ゴールドエリート会員もアップグレード対象」となっているので、JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイに宿泊したいなぁと思っている人は下の記事も参考にしてほしいと思う。

記事 マリオット ボンヴォイ アメックスで旅費を劇的に節約!高級ホテルに無料宿泊&マイルで飛行機代も無料! シェラトンやマリオット、リッツ・カールトンに無料宿泊したり、部屋のアップグレードがあったり、無料でレイトチェックアウトできたり…。世界中を旅するモリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた「 マリオットアメックス プレミアムカード 」の魅力とメリット、デメリットを交え詳しく紹介していきたい。
マリオット Marriott Bonvoy 【公式】 マリオットホテル&リゾートをチェック! 世界138の国と地域に30以上のブランド、約10,000のホテル/リゾートを展開。マリオット提携ホテル予約は一番お得なマリオット公式サイトへ。

JWマリオットでのチェックイン

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

今回、私達がJWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイに訪れたのは・・・フライトの関係上、朝8時(笑)。通常のチェックインは15時からで、今の時間帯は朝食も終わってないタイミングだし、どう考えてもお部屋の空きは状況はよろしくないはずなので、お部屋のアップグレードをしてもらうタイミングとしては最悪な状況。

なので、ホテル到着時に「チェックインはまだしなくていい」とは言ったんだけど・・・ベルスタッフにチェックインカウンターまで案内されてしまう(苦笑)。まぁ、はっきり言って深夜のフライトでやってきたので正直身体は疲れているし、飛行機の機内は乾燥しているので喉もイガイガするような気もするので、お部屋に空きがあればどこでも良いかな・・・なんて気持ちにもなりつつチェックインカウンターへ。

チェックインカウンターで、パスポートを見せて名字(ファミリーネーム)を伝えると、レセプションカウンターのスタッフは私達のために現在空いているお部屋を探してくれる。

スタッフ:「モリオ様。現在でしたら、クラブレベルのツインのお部屋をすぐにご用意できますが、あいにくキングベッドルームは、喫煙ルームしか空きがございませんが・・・いかが致しましょう。」

私達が予約しておいたお部屋は一番安い部屋の眺望指定なしの「デラックスルーム」(宿泊料金は、1泊 約780AED / 約23,400円 / このJWマリオット・ドバイはだいたい1泊2万円前後、ピークでも3万円もあれば一番安いお部屋は予約できる。オフシーズンだと約1万円の時もあったりするのでコスパが高い。)

モリオ:「・・・ちょっと疲れてるし、クラブレベルのツインルームでもいい?」
ミヅキ:「もちろん!モリオ、結構疲れてそうやし、それでいいよ。」
モリオ:「ツインルームでお願いします。」
スタッフ:「いい選択ですね♪ かしこまりました。」
モリオ:「あと、レイトチェックアウト4時までいいですか?」
スタッフ:「もちろんです。」

こんな朝っぱらからスイートルームへのアップグレードはもちろん無かったが、でもこんな早朝にチェックインして高層階のクラブルームにアップグレードしてもらえて、さらにレイトチェックアウトもOKとはありがたい。それでは早速、お部屋へと向かおう。


お部屋は6004号室

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

私達がアサインされたお部屋は60階、6004号室。このホテルの最上階は82階なので、なかなか高い階層にアップグレードしてくれたんじゃないかと思う。荷物はベルスタッフがワゴンを使って運んでくれる。JWマリオットは、マリオットブランドの中でもランクの高いホテルブランド。サービスもしっかりしている。


エグゼクティブラウンジルームのお部屋

こちらが私達が宿泊するエグゼクティブラウンジルームのお部屋(360度写真 / ドラッグしてお好きな角度からどうぞ♪)。高層階かどうかだけで、間取り的には一番安いデラックスルームと変わりはなく、お部屋の広さは44m2と結構広めのワンベッドルームタイプ。部屋の真ん中にはベッドが置かれ、窓際にはソファも配置されている。

お部屋の場所

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

こちらは玄関の扉の裏にある避難経路地図。緑で塗られた部屋が私達のお部屋となる。フロアの一番右のお部屋が多分コーナーのジュニアスイートルームになるのかな?

壁にカードスロット

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

入口入ってすぐの壁にはお部屋のカードキーを差し込むスロットが用意されており、こちらにカードキーを差し込むと、お部屋の電気が付くようになっている。「Do Not Disturb / 起こさないで」や「Make Up Room / 掃除して!」のサインもこちらのパネルで操作する。

お部屋のクローゼット

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

入口入って横の壁には、お部屋の収納スペースとなるクローゼットが置かれている。一番手前のクローゼットには、アイロン&アイロン台、ハンガー、バスローブ、そしてシューズ磨きサービス用のシューズボックスも置かれている。このJWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイでは無料の靴磨きサービスがあり、サービスデスクに電話すれば、スタッフが靴を取りに来てくれ、1時間ほどで靴磨きをして持ってきてくれる。

キャビネット

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

クローゼットスペースの中央には荷物を入れておけるキャビネットスペース。中にはブラシと礼拝用マットも置かれている。中東らしいホテルアメニティだ。

セキュリティボックス

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

奥のクローゼットの中にはハンガー、引き出しにはセキュリティボックスも置かれている。

ダイニングスペース

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

キャビネットの隣には、illyのカプセル式コーヒーマシーン、アイスペール、グラス、マグカップ、電気ポット、無料のミネラルウォーターが置かれたダイニングスペースの棚が用意されている。下の扉のところには空っぽの冷蔵庫も。

なお、ここドバイは思いっきりイスラム圏の国のため、スーパーマーケットに行ってもお酒を購入することは出来ない。特別なお店では酒類も販売しているが購入にはライセンスが必要なので旅行者には無理。お酒が飲みたい場合は、空港到着時に入国前の免税店で購入して持ち込むか、ホテルのルームサービス、バー、ラウンジなどでいただくしかない。なお、ホテルなどで注文する場合のお値段は、ビール1杯1,500円前後。ドバイでお酒を飲む場合は、1杯このぐらいは見積もっておこう。

ベッドはシングルベッドが2つ

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

このエグゼクティブラウンジルームはツインルームなので、お部屋にベッドはシングルベッドが2つ。寝心地は若干柔らかめ。

サイドテーブル

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

ベッドとベッドの間にあるサイドテーブルには電話と、お部屋のエアコン、照明などを操作できるタッチパネル式の操作パネルが置かれている。

反対側のサイドテーブル

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

反対側のサイドテーブルには、iPhoneを接続できるThunderbolt端子付きのオーディオ端末(目覚まし機能付き)と、テレビのリモコンが入ったバスケットも置かれている。

ターンダウンサービス

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

このJWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイでは、お昼ごろのルームキーピングに加え、夜の時間にはターンダウンサービスも行われる。そのターンダウン時のベッドメイキングの際には、こうしてスナックのデーツも置いていってくれる。

多目的デスク

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

ベッドの向かいの壁際には、多目的デスクが用意されている。テーブルの上には、電話、メモ帳、ホテル案内などが置かれている。

コンセント類はすべてデスクの中

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

このデスク周りのコンセント類はすべてデスクの天板上部の蓋を開けた中に集められている。電源タップはマルチタイプなので、日本のコンセント(Aタイプ)でも差し込める。ただし電圧は日本と異なる(220-240V)なので、それに対応した電気機器を差し込むように。

インルームダイニング

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

せっかくなので、このJWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイのインルームダイニングの価格帯もチェックしておきたい。JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイのルームサービスメニュー(一部抜粋)は以下の通り。

JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ / インルームダイニング(一部抜粋)
朝食 / 6:00-11:00
スムージー
アボガド抹茶
40AED / 約1,200円
バナナ&ターメリック
40AED / 約1,200円
グリーンジュース
40AED / 約1,200円
etc...
セットメニュー
コンチネンタルブレックファスト
95AED / 約2,850円
アラビアンブレックファスト
160AED / 約4,800円
アメリカンブレックファスト
170AED / 約5,100円
アラビアンファミリーブレックファスト
395AED / 約11,850円(4人分)
etc...
オールデイダイニング / 24時間OK
ローカルメニュー
Fattoush
55AED / 約1,650円
Hot Mezzeh Platter
90AED / 約2,700円
Joujeh Kebab
95AED / 約2,850円
Lam Cutlets
125AED / 約3,750円
etc...
軽食
グリーンサラダ
50AED / 約1,500円
スモークサーモンとルッコラ
80AED / 約2,400円
マーキスサラダ
65AED / 約1,950円
シーザーサラダ
45AED / 約1,350円
野菜春巻き
45AED / 約1,350円
本日のスープ
45AED / 約1,350円
Dozen Spicy Buffalo Chicken Wings
70AED / 約2,100円
etc...
サンドイッチ
アンガスビーフバーガー
95AED / 約2,850円
マーキスクラブ
90AED / 約2,700円
Chicken Tikka Kathi Roll
75AED / 約2,250円
etc...
ピザ&パスタ
各種ピザ
75〜85AED / 約2,250円〜2,550円
パスタ(ソースとパスタをチョイス)
85AED / 約2,550円
アジアン&インディアン
Soto Ayam
55AED / 約1,650円
ナシゴレン
95AED / 約2,850円
タイ グリーンチキンカレー
95AED / 約2,850円
Paneer Lababdar
95AED / 約2,850円
Butter Chicken
95AED / 約2,850円
ビリヤニ
95〜150AED / 約2,850円〜4,500円
etc...
ミート&フィッシュ
ノルウェーサーモン 180g
160AED / 約4,800円
アンガスリブアイ 300g
235AED / 約7,050円
オーストラリア ラムチョップ 220g
210AED / 約6,300円
etc...
キッズメニュー
フォカッチャ
45AED / 約1,350円
チキンフライドライス
45AED / 約1,350円
キッズビーフチーズバーガー
50AED / 約1,500円
etc...
飲み物
フレッシュジュース
35AED / 約1,050円
ソフトドリンク
35AED / 約1,050円
ホットコーヒー(ポット)
35AED / 約1,050円
アラビックコーヒー
40AED / 約1,200円
各種モクテル
35AED / 約1,050円
etc...
アルコール類
各種カクテル
55〜75AED / 約1,650円〜2,250円
各種ビール
48〜60AED / 約1,440円〜1,800円
ワイン(グラス)
40〜85AED / 約1,200円〜2,550円
シャンパン(ボトル)
500〜4,750AED / 約15,000円〜142,500円
etc...

朝食はルームサービスで頼むと一人3,000円ぐらいから、食事は2人で1万円前後、といった価格帯で高めの価格設定だが、様々な国の料理が楽しめるのは面白いところ。ドリンクは、アルコール類を頼むとビールで1,500円前後、グラスワインでも1,200円〜と、ドバイというお国柄を考えれば妥当な値段だろう。

マリオット Marriott Bonvoy 【公式】 マリオットホテル&リゾートをチェック! 世界138の国と地域に30以上のブランド、約10,000のホテル/リゾートを展開。マリオット提携ホテル予約は一番お得なマリオット公式サイトへ。

窓際のソファスペース

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

窓際には、景色を眺めながら寛げるソファスペースが用意されている。壁にはテレビも備わっている。

ウェルカムフルーツ

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

夜のターンダウンサービスの折、部屋にはアシスタントディレクターのメッセージと共に、ウェルカムフルーツが、このソファのテーブルに置かれていた。内容は、バナナに桃に、オレンジ、アップル、洋梨。冷蔵庫で冷やしておいて後でいただくことにしよう。

朝日の眺め

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

このお部屋の窓からは、時間ごとに美しいドバイの風景を眺められる。上の写真は朝日が登る早朝の眺め。雲ひとつ無い美しい空に太陽が登る様は、本当にキレイだ。

ドバイの夜景

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

夜になると、キラキラしたドバイのダウンダウンの夜景が窓の外には現れる。眼下にはヒルトンホテルも見える。こんな絶景を見ながら滞在できるこの高層階の部屋は、ほんと贅沢だなぁとつくづく思う。それにしても、ほんととんでもない高さだなぁ。高すぎて、高所恐怖症の私ですら感覚が麻痺して怖さを感じない。


JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイのお部屋のバスルーム

最後に、JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ「エグゼクティブラウンジルーム」のバスルームを見ていこう。バスルーム全体を写した360度写真がこちら(お好きな角度にドラッグして見てね♪)。

バスルーム入ってすぐの場所には洗面所。奥にはシャワー付きのバスタブも用意されている。またシャワールームは独立式でガラス扉で仕切られている。

バスルームのアメニティ

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイのバスルームのアメニティで用意されているのは主に以下の通り。

  • バスローブ
  • バスタオル
  • ハンドタオル
  • フェイスタオル
  • スリッパ
  • ドライヤー
  • ミラー
  • 体重計
  • ボディソープ
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディローション
  • 歯磨き
  • マウスウォッシュ
  • バスソルト
  • シャワーキャップ
  • バニティキット(コットン、綿棒など)
  • コーム
  • ひげそりとシェービングジェル

必要なものはほぼ揃っているが、身体を洗うバススポンジは用意されていないので、必要な場合は持参しよう。

シャワーヘッドは2タイプ

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

シャワーヘッドは手式と天井のレインシャワーヘッドの2タイプが備わっているので使いやすい。水圧はちょっと弱めかなぁ?

アメニティブランドは「Aromatherapy Associates」

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

このJWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイで使われているアメニティブランドは「Aromatherapy Associates - アロマセラピーアソシエイツ」。英国アロマのエキスパートブランドだ。

無料のミネラルウォーター

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

また洗面所の鏡の前には、無料のミネラルウォーターも用意されている。なおこのお水は、ルームメイキングの際に毎回補充してくれる。

トイレの設備

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

トイレは一番奥に中東のトイレによくあるビデ付きトイレが備わっている。残念ながらトイレには扉は無い。


JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ エグゼクティブラウンジルームの評価は?

JWマリオット マーキスホテル ドバイ エグゼクティブラウンジルーム 宿泊記

JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイのエグゼクティブラウンジルームに泊まってみて、やはり超高層階のこの部屋の窓から見える、パノラミックなドバイのダウンタウンの風景が印象的だった。お部屋も十分な広さが確保されており、滞在していてとても開放感があるのも良い。若干エアコンの調整が難しく、高層階のためか冬場はエアコンつけっぱなしだと寒かったりするので、冷え性の人は注意したいところだ。

それにしてもまぁ、こんな高層ホテルで滞在するというのは、旅行の醍醐味である非日常を味わうシチュエーションとしては非常に最適。この素晴らしい風景を眺めながら優雅にドバイの町中で滞在するというのは、きっとドバイ旅行の印象深い思い出になるはず。

宿泊料金も、一番ランクの低いお部屋の場合、通常はおよそ2万円前後、ピークシーズンで3万円前後、そしてドバイのオフシーズンの夏のときの最安値は323AED(およそ1万円弱)にもなったりするなど、立地条件などを考えてもかなりコスパが良いホテルなので、ドバイで便利に快適にゴージャスに、そしてお得に過ごしたい場合は、このJWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイを宿泊候補のホテルの一つに入れてみてほしいと思う。それでは!


マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのお問い合わせ

なおマリオットの上級会員資格を獲得できるマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードに関するお得な入会方法などのお問い合わせについては、以下のメールアイコンをタップしてメールにてお気軽にお問い合わせください。

マリオット Marriott Bonvoy 【公式】 マリオットホテル&リゾートをチェック! 世界138の国と地域に30以上のブランド、約10,000のホテル/リゾートを展開。マリオット提携ホテル予約は一番お得なマリオット公式サイトへ。