ラウンジ -

【関西空港】 プライオリティパスOK! 空港ホテル代わりにも便利な「KIXエアポート カフェラウンジ NODOKA」

目次

English
  1. プライオリティパスが使える関空カフェラウンジ NODOKA
  2. KIXカフェラウンジ NODOKA の場所 / 行き方
  3. KIXカフェラウンジ NODOKA の利用料金
    1. ラウンジチェックインでパスカード
  4. 関空カフェラウンジ NODOKA の施設 / 設備
    1. カフェエリア
    2. グリーンエリア
    3. プライベートルームエリア
    4. シャワールーム&トイレ
    5. 雑誌&新聞コーナー
    6. スーツケース置き場など
    7. 貴重品ボックス
    8. ソフトドリンクバー
    9. 貸し出しコーナー
    10. 飲食サービス(有料)
  5. プライオリティパスで使えるグループルーム
    1. 部屋の中の様子(360度カメラ)
    2. ソファとテーブル
    3. テレビ
    4. ハンガーやヨガマットなどアメニティ
    5. プライオリティパスで無料の食事&お酒
  6. 関西空港カフェラウンジ NODOKA まとめ
  7. 家族分のプライオリティパスが無料になるカード

プライオリティパスが使える関空カフェラウンジ NODOKA

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

今回のラウンジレポートは、関西国際空港のエアロプラザ(空港本館の向かいにあるビル)にある「KIXカフェラウンジ NODOKA」。このラウンジはランドサイド(一般エリア)にあり、関西空港からの旅行の出発時と到着時のどちらにも使える非常に便利な空港ラウンジとなっている。

しかも営業時間は24時間となっており、各種ゴールドカードやプライオリティパスの利用もOK。ラウンジNODOKAにはオープンエリアの他、プライベートルーム(個室)エリアも兼ね備えているので、旅行の前泊・後泊用のトランジットホテル代わりとしても使えてしまうということで、このKIXカフェラウンジNODOKAは密かに最高に使いやすい空港ラウンジなのではないかと思われる。

今回私達はこの超便利な関西空港のラウンジ「NODOKA - のどか」を利用してきたので、その詳細を実体験レポート! 一体どんな空港ラウンジになっているのか知りたい人はぜひ参考にどうぞ。

関西空港KIXカフェラウンジ NODOKA
場所関西国際空港 エアロプラザ2F
営業時間24時間
設備
  • ラウンジエリア
  • 仮眠エリア
  • 個室エリア
  • ミーティングルーム
  • シャワールーム(有料)
  • 食事
  • ソフトドリンク
  • お酒
  • WiFi
プライオリティパス利用可能 / 3時間まで(付属サービス:食事 / シャワー / お酒から2つ)、もしくは利用料金から3,400円割引
ゴールドカード利用可能 / 2時間まで

なお、家族分のプライオリティパスが無料で作れるおすすめクレジットカードは三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード。詳細は下の特集記事にまとめているので合わせて参考にどうぞ。

三菱UFJ・プラチナカードのメリット・デメリット クレジットカード 三菱UFJ・プラチナカードのメリット・デメリット クレジットカード「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のメリットとデメリット。7年以上三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード(MUFGプラチナカード)を持ち続けている私が、カード特典のプライオリティパスやコンシェルジュデスク情報をまとめつつ、本当におすすめのクレジットカードなのか検証。

KIXカフェラウンジ NODOKA の場所 / 行き方

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

KIXカフェラウンジ NODOKAのある場所は、関西国際空港の本館ビルの向かいにある、日航ホテルなどが入るエアロプラザビルの2階。行き方は関西空港の本館からは国内線ターミナル2Fから外に出て、上写真の「AEROPLAZA」と書かれた連絡通路を進んでエアロプラザビルの中に入るとすぐにその入口にたどり着く。

関空ラウンジ NODOKAから関西国際空港の国際線出発ゲートまでの所要時間は5分~10分ほどなので、場所的にも非常に使いやすい。


KIXカフェラウンジ NODOKA の利用料金

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

KIXカフェラウンジ NODOKA の利用料金は以下の通り。基本的には時間ごとの利用料金が掛かるシステムになっており、プライオリティパス、各種ゴールドカード利用で時間割引などが受けられる。

基本料金
 一般エリア個別ブース
1時間550円660円
延長10分ごと140円150円
パック料金
 一般エリア個別ブース
3時間1,870円2,200円
6時間3,080円3,850円
9時間4,180円4,950円
シャワー料金
 料金
40分990円 / アメニティ付き(タオル別)
タオル販売440円
子供料金
年齢料金
3歳未満無料
12歳未満半額
12歳以上大人料金とおなじ

プライオリティパス利用の場合は以下の2つのプランから一つを選択するシステムになっている。なお、利用の際は当日の飛行機の搭乗券、もしくは飛行機の予約を確認できるものが必要となるため、プライオリティパスで前日入りして次の日のフライトを利用する場合は、チェックインできるのはフライト当日の午前0時からとなっているので注意しよう。

プライオリティパス利用の場合
3時間利用プラン
3時間までラウンジ利用に加え、以下の3つのサービスから2つを選択できるプラン(同じサービスを2つは不可)
  • 食事1品
  • お酒2本(ワインを除く)
  • シャワー1回無料(タオル別売り)
割引プラン
利用料金から税込3,400円を割り引くサービス

また各種ゴールドカードでの利用の場合は2時間まで一般エリアの利用が可能となっておりソフトドリンクは無料、お酒は別途料金が掛かる。

ラウンジチェックインでパスカード

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

KIXカフェラウンジ NODOKA のエントランスで利用手続きを済ませると、上の写真のようなネックストラップ付きのラウンジパスカードを手渡される。このパスカードはラウンジの外に出る時などにエントランスカウンターに提示する必要があるので無くさないようにしよう。


関空カフェラウンジ NODOKA の施設 / 設備

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

関空カフェラウンジ NODOKA の利用料金などがわかったところで、ラウンジの施設を見ていきたいと思う。

カフェエリア

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

入り口入って左手奥はカフェエリア(一般エリア)。このエリアにはテーブルなどが置かれていて、思い思いに時間を潰せるスペースになっている。長細いデスクには長時間座っても疲れにくいPCデスク・チェアも置かれている。

グリーンエリア

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

入口入って右側奥はグリーンエリア(芝生エリア)と名付けられたキャンプスペースのようなエリアが設けられている。グリーンのマットの上は土足禁止エリアとなっていて、ビーズクッションも数多く設けられており、ちょっとした仮眠などもできそうな場所になっている。

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

プライベートルームエリア

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

ラウンジNODOKAの右側通路手前には数少ないがグループ用のプライベートルームとミーティングルームも設けられている。またラウンジ奥には1人用の個別ブースも用意されている。

個人用のブースは、マットが敷かれたごろ寝OKのブースとリクライニングチェア付きのブースの2タイプがあるが、ごろ寝できる部屋は人気が高く、夜間や早朝は空いていないことも多い。

シャワールーム&トイレ

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

ラウンジの中央奥にはシャワールームとトイレ。シャワールームは40分990円(シャンプーなどアメニティ付き)だが、タオルは別料金で買い取り440円。タオルを持っていない場合はシャワー利用には1,430円が必要となる。

雑誌&新聞コーナー

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

ラウンジには雑誌と新聞が置かれたコーナーも用意されている。雑誌は日本国内旅行と人気の海外旅行情報誌に加え、子供用の絵本も少し置かれている。

スーツケース置き場など

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

エントランスカウンター奥には携帯電話などの通話スペースやコピー機、鍵付きのスーツケース置き場も設置されている。

貴重品ボックス

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

カフェエリアの手前にはナンバーロック式の貴重品ボックスも完備。オープンエリアで夜を明かす時などは貴重品はこの中に入れておくと安心できるかもしれない。

ソフトドリンクバー

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

ラウンジ内には利用者が無料でいつでもいただくことが出来るドリンクバーも設置されている。飲み物はコーヒーや紅茶、ジュース、コーラなどの炭酸水がいただける。

貸し出しコーナー

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

ラウンジNODOKAにはアメニティの無料貸し出しもある。無料でレンタルできるのは以下のアイテム。

ラウンジNODOKA - 貸し出し品リスト
  • ブランケット
  • スリッパ
  • ヨガマット
  • 充電ケーブル
  • ヘッドセット
  • 計量器
  • ヘアアイロン(ストレート / カール)
  • 耳栓(使い捨て)

ブランケット、ヨガマット、スリッパ以外はフロントデスクに言えば貸してもらえる。

飲食サービス(有料)

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

カフェラウンジNODOKAでは有料の飲食サービスも用意されている。気になるメニューと料金表は以下の通り。

何気にビール350ml缶が240円と非常に安く、そのへんのコンビニで買うのとほぼ変わらない価格でビールが飲めてしまうのは驚愕だ。


プライオリティパスで使えるグループルーム

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

一通り「KIXカフェラウンジ NODOKA」の概要を紹介したところで、私達がプライオリティパスを使って利用した個室ルーム「グループルーム」を詳しく紹介したいと思う。

関空カフェラウンジNODOKAには、グループルームは3部屋ほど用意されているが、そのうち1部屋は5~6人が利用できる大きな部屋で、残りは2~3人が利用できる感じの部屋になっており、私達はその2~3人向けの601号室を借りることができた。

部屋の中の様子(360度カメラ)

部屋の中の様子がこちら(360度カメラで撮影 / お好きな角度にドラッグ可能)。部屋の中はイメージとしてはカラオケボックスの一室のような雰囲気になっている。

部屋の扉に鍵は無いため、完全なプライベート空間にはならないが、それでも扉があることで、自分たちの空間としてくつろげる雰囲気がある。

ソファとテーブル

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

部屋の中央にはソファベッド1台とテーブル。テーブルは押せば動くので、床にヨガマットを引けば下でごろ寝できるスペースを確保することも可能。

テレビ

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

壁には地上波が閲覧できるテレビ付き。

ハンガーやヨガマットなどアメニティ

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

扉の裏側にはハンガーやヨガマット、サーキュレーターなどのアメニティが置かれ、スーツケースを置いておけるスペースが備わっている。ただし、扉に鍵は無いので、この場所には貴重品は置かないように注意しよう。

プライオリティパスで無料の食事&お酒

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

プライオリティパスでこのカフェラウンジNODOKAを利用する場合は、前述した通り、「食事1品、お酒2本、シャワー利用」の中から2つのサービスを無料で受けることが出来る。

今回私達は「食事」と「お酒2本」を選択。部屋に入って少しすると、ラウンジスタッフがその食べ物と飲み物を持ってきてくれた。

私が食べたのはエビピラフ(650円相当)で、ミヅキはダッカルビ炒飯(700円相当)、飲み物はビールをチョイス。

食事はよくある冷凍もの(だと思う)で普通のお味ではあるが、この日は朝早くから関空に来ていて朝食を食べていなかったので、非常にありがたくこの食事をいただいた。ごちそうさまでした!


関西空港カフェラウンジ NODOKA まとめ

プライオリティパスOK! 関西空港ラウンジ NODOKA

プライオリティパスが使える、24時間営業の関西空港カフェラウンジ NODOKAはいかがだっただろうか。このラウンジ利用のメリットはなんといってもプライベートが保てる個室ブースが利用できるところ。

通常、空港ラウンジといえばパブリックスペースしかなく、休憩するときもあまり落ち着いて過ごすことができないのだが、このカフェラウンジNODOKAは、空いていれば個室ブーススペースを利用できて、空港のトランジットホテル代わりにも使えるというのが非常に魅力的だ。

ただし、外国人観光客も非常に多い関西国際空港ということもあり、夜は個室ブースは人気で、タイミングによっては空いていなくて使えないこともあるので覚えておこう。

このラウンジを旅行の前泊・後泊用のホテル代わりに使う時は、普通は一般スペース、もしくはグリーンスペースで雑魚寝すると考えておいて、個室スペースは空いてたらラッキーぐらいの気持ちで訪れるようにしよう。

それでは関西空港カフェラウンジ NODOKA をうまく利用して、お得で快適な旅行に出かけよう♪

プライオリティパスをお得に作れるカードについては…


家族分のプライオリティパスが無料になるカード

世界中の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」。しかしプライオリティパスは回数制限無くラウンジ利用できるプレステージ会員の場合の年会費は469ドル(約7万円)と非常に高額な会員サービスとなっている。

しかし、そんな高額なプライオリティパスを無料で、しかも家族分のプライオリティパスまで無料で作ることが出来るクレジットカードが存在している。

それは三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード。このカードはステータスがゴールドカードの上の「プラチナカード」なので、プライオリティパスだけでなく、24時間使えるコンシェルジュデスク、空港までのスーツケース無料宅配など、ここでは書ききれない程の特典満載のクレジットカードになっている(詳細は以下)。

三菱UFJ・プラチナカードのメリット・デメリット クレジットカード 三菱UFJ・プラチナカードのメリット・デメリット クレジットカード「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のメリットとデメリット。7年以上三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード(MUFGプラチナカード)を持ち続けている私が、カード特典のプライオリティパスやコンシェルジュデスク情報をまとめつつ、本当におすすめのクレジットカードなのか検証。

プライオリティパスは国内旅行はもちろん、特に海外旅行を快適にするためには無くてはならないサービスの一つ。この空港ラウンジ特集を見て、プライオリティパスが欲しい、できれば家族分のプライオリティパスが欲しいと思ったら、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードに入会するのをぜひ検討してみよう!