もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
hotel - ホテル
更新日 2018年10月21日

【AirBnB - エアビーアンドビー・物件の探し方】快適&お得にハワイに泊まる方法【クーポンあり】

 
民泊で暮らすように泊まるハワイ

 ハワイ旅行でネックになるのは「宿泊費用」。通常、ホテルに泊まる場合は1泊の宿泊料金は2万円〜3万円。そこに税金14%とリゾートフィーが加算されるため、合計金額は4万円/泊以上になることも珍しくない。しかし、その宿泊費をうまく抑える方法がある。それが「AIRBNB - エアビーアンドビー」での民泊予約だ。宿泊施設には、ハワイ現地の人の余っているお部屋や家、貸別荘など、様々な物件が揃っており、民泊予約を駆使すれば、一泊の予算を1万円前後に収めることも不可能ではない。また、コスト面だけでなく、民家を借りることで、ハワイに暮らすように滞在できる宿泊体験も魅力的だ。そんなエアビーでのハワイの民泊予約で、簡単でお得な宿泊施設の探し方を教えます。

サムネイル hotel 【AirBnB - エアビーアンドビー】エアビーで暮らすように泊まる民泊旅行体験。 現地の人から家や部屋を借りて、暮らすように滞在できる民泊予約サイト「AirBnB - エアビーアンドビー(略称:エアビー)」。ホテルでは味わえないローカルな滞在の魅力を、AirBnBを良く利用する私たち夫婦がお届けします。お得な紹介クーポンも。

 
オアフ島を検索

 まずAIRBNBにアクセスしたら「宿泊先」をクリックし、その後左上のサーチの欄に「オアフ島」と入れて検索を掛けてみよう。すると、画面にはハワイのオアフ島で宿泊できる施設が無数にあらわれてくる。このままでは物件が多すぎて、この中から自分に合った宿泊施設を探すのは至難の業。そこで、検索画面の下に現れた「絞り込み」を使って物件をふるいにかけていくことにしよう。物件の絞り込み方法は、今写真の検索フォームの下に現れている、日付、人数、部屋タイプ、、、と書かれた枠の場所を左から順番に選択していくだけだ。では行ってみよう。

 
日時指定

 最初は宿泊するチェックイン日とチェックアウト日の選択から。日本とハワイには19時間の時差があるので、宿泊する日程は間違えないように注意したい。ハワイの時差と計算方法は、

サムネイル info 【ハワイと日本の時差19時間】ハワイ時間の計算方法とハワイ旅行の落とし穴【実体験レポート】 日本とハワイの時差は19時間。日本を夜間発でも、ハワイ到着は同日のお昼前。ハワイ旅行の道中は嬉しくてついついやってしまいがちな間違い行動とは?失敗しない方法を伝授!簡単な計算方法も!

を参考にしてほしい。

 
人数の選択

 日付の設定が終わったら、次は宿泊人数の設定を行う。子供の欄には細かい年齢分けがあるので間違えないように記入していこう。

 
部屋タイプ

 次は部屋タイプの指定。民泊では、一軒家を貸し出している場合もあれば、家の中の空いている部屋だけ貸し出していたり、相部屋だったりと、様々なタイプがある。ここでおすすめしたい部屋タイプは「まるまる貸切」。これを選択しておくことで、一軒家、もしくはアパートの1室など、プライベート感が最大限に保たれた部屋を借りることができる。

 
予算設定

 続いて予算設定。この絞り込みでは一泊あたりの料金の条件設定を行うことができる。ハワイの平均相場は1泊約3万円か、、、結構高いな。私がハワイの民泊を探す時の予算設定の上限は15,000円〜25,000円ぐらいまで。これを超えてくると、ホテル滞在のほうがお得になってしまうので、あまり高すぎる設定ではコストカットにならない。

 
「今すぐ予約」はお好みで

 次の絞り込み条件は「今すぐ予約」の設定。これをオンにすると、大家さんの承諾を待たずに予約完了とともに予約が確定される物件に絞り込まれる。通常、AIRBNBではサイト予約をすると、24時間以内に大家さんから連絡が来てそこで初めて予約確定か、予約不可が決まるのだが、この「今すぐ予約」ででてくる物件はその認証が必要無く、サイト予約完了で予約確定となるので、わざわざややこしいやり取りが必要ない。ただ魅力的な物件は、「今すぐ予約」の対象でなかったりするので、この辺はお好みで設定しよう。

 
旅行タイプの選択

 旅行タイプの選択では「ファミリー向けの家や部屋」、「仕事の出張に使える部屋」を絞り込むことができる。こちらもお好みで選択しよう。

 
詳細フィルター

 最後のスクリーニングフィルターは、民泊施設の設備などについて。ベッドルームがあるか?とか、キャンセル無料か?とか、バスルームはあるか?とか、キッチンはあるか?とかいった細かい設定をすることができる。

 
ハワイでオススメの条件フィルター

 私がおすすめしたい条件フィルターの項目は「キッチン」「エアコン」「無料駐車場」。キッチンが付いていると、自分で調理をして食費を浮かせられるし、無料駐車場はレンタカーの維持費の軽減になる。逆にレンタカーを使わない場合は、無料駐車場の項目は外していい。エアコンに関しては、ホテルなら付いているのが当たり前なのだが、ハワイの民家にはエアコンの無い家も結構多いのだ。だが、オアフ島は日中は暑くなりやすいので、エアコンがあれば快適に過ごすことが出来るだろう。

 これでスクリーニング条件の設定は完了。最後に「○○○件の宿泊先を表示」ボタンを押して、実際に物件を見に行こう。なお、このように条件の絞り込みの登録段階で、何件の物件が該当するのかは常に表示されているので、あまりにも該当宿泊先が少ない場合は、もう少し条件を緩和させるなどして物件の選択肢を増やしてやろう。

 
物件の表示

 そうしてボタンを押すと、検索条件に合った宿泊先がズラーっと出てくる。ここからは一つ一つ物件をチェックして、自分が泊まりたい部屋を見つけていこう。

 
位置の確認

 地図の表示をオンにしていると、物件にカーソルを合わせた時(スマホの場合は右下の地図アイコンをクリックした時)に、その家や部屋がオアフ島の一体何処にあるのかも確認できる。いくら安い物件だといっても、町から遠い場所では結構不便になってしまうので、ちゃんと場所も確認しながら、お手頃な宿泊先を見つけよう。

 
地図から探すのもオススメ

 また、地図には色んな宿泊先の場所に値段が表示されているので、地図を動かしたり拡大したりしながら物件を見つけていくのもおすすめだ。ちなみに私は、スクリーニングで条件を絞った後は、地図から物件を探していく派。部屋の中も大事だが、やはりその場所がどんなところなのかのほうが私は重要だったりする。車で30分ぐらい走らないとお店がない、とか、周りの治安が微妙、、、だとやはりハワイ旅行の楽しさも少し下がってしまう。

 
ワイキキエリアにも意外と物件が多い

 また、上でおすすめしたスクリーニング条件で検索したところ、ワイキキ周辺にも結構な数の物件が表示されている。これらの物件は「駐車場無料」なのだが、普通、ワイキキでホテルの駐車場を使うと、1日5000円〜6000円ほどかかってきたりするんだが、これらの物件に泊まれば、それがタダ。4泊するなら2万円以上の経費削減につながるわけだ。出てきている宿泊先も民家もあるが、コンドミニアムタイプのホテルの部屋のものも多い。

 
ハワイでお得に民泊体験

 以上が、ハワイ旅行でエアビーアンドビーを使ってお得な宿泊先を見つける方法とコツだ。いい物件に出会えれば、かなり広い部屋でフルキッチンが付いて、ベッドルームも別にあって1万円前後、、、なんて場所も。上の写真の部屋は私達がモロカイ島に遊びに行った帰りに1泊したカイムキエリアの民家のもの。

サムネイル travelBook 【ハワイの離島・モロカイ島旅行記 ブログ】LCCスクートとハワイアン航空で本当のハワイへ! スクート(SCOOT / シンガポール航空傘下のLCC)のハワイ就航記念セールで超格安でゲットしたハワイ・ホノルルへの航空券とハワイアン航空で乗り継いで行く、一人往復2.2万円の格安ハワイ離島・モロカイ島への旅行記ブログ。宿泊先はAirBnB(エアビー)だ!

 もちろん駐車場も付いていて、夜にはカイムキタウンの綺麗な夜景も窓から見れて良かったなぁ。部屋も二人だとどうして良いかわからないぐらい広かった(汗)。ほんと、日本と違ってアメリカの家ってデカいよなぁ。。。っと話がそれてしまったが、このように、エアビーで民泊予約をすると、いつもとは違った、お得でローカル感たっぷりのハワイ旅行も体験できるので、興味がある人は是非民泊体験を楽しんでみて欲しいと思う。

 なお、エアビーアンドビーで民泊予約をする際にお得になるお友達紹介クーポンも用意しておいたので、欲しい人はご自由にどうぞ♪

メジャートリップからのAirBnB(エアビー)お友達紹介リンク

メジャートリップについて お得に旅する国内&海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間50万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP