お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP ロイヤル・カリビアン・クルーズ特集 ロイヤルカリビアン ボイジャー・オブ・ザ・シーズのバルコニー付きキャビン
cruise - クルーズ旅行

ロイヤルカリビアン ボイジャー・オブ・ザ・シーズのバルコニー付きキャビン

Image
ボイジャー・オブ・ザ・シーズのバルコニー付きキャビン
 ロイヤルカリビアンのクルーズ船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」で、私達はシンガポールから始まる4泊5日の東南アジアクルーズを楽しんできた。そのクルーズ旅行で泊まったお部屋は、ちょっと豪華にバルコニー付きキャビン(客室)のお部屋♪ クルーズ旅行を予約する際、どのタイプのお部屋にするかは迷うところであるが、そんなキャビン選びに悩む人達へ、私達のこのバルコニー付きキャビンの実体験レポートが参考になれば非常に嬉しく思う。それでは早速お部屋に行ってみよう!
 
 
Image
客室デッキの通路
 こちらは客室へと向かう通路。ここを通って各キャビンへと向かうことになる。通路の幅はそこそこあるので、向こうから人がやってきても十分すれ違えるスペースが確保されている。
 
Image
通路の壁に展示されているオブジェも
 また通路の各場所にはこのように様々な雰囲気あるオブジェも並べられていて、クルーズ旅行の気分を盛り上げてくれる。なんだか本当に冒険にでかけているような、そんな気分にさせる装飾品オブジェだ。
 
Image
キャビンの玄関
 こちらが私達の今回泊まるバルコニー付きキャビンの玄関前。扉はクルーズカードを差し込んで抜くカードキータイプのロックになっている。では、中に入ってみよう!
 
Image
おお!広い♪
 玄関からキャビンの中に入ると、清潔感のある快適そうなお部屋の風景が広がる。フロアも十分スペースがあり、スーツケースをバカっと広げることも可能なぐらいの場所はある。3000人以上のゲストが乗り込むクルーズ船だが、キャビンはゆとりのある間取りになっている。
 
Image
快適なベッド
 ベッドは硬すぎず、柔らかすぎず程よい寝心地がとても良い。今回のお部屋はダブルベッドタイプを選択しているが、予約時にツインベッドタイプも選ぶことができる。また、万が一指定したベッドタイプと違っていた場合は、客室担当のクルーに言えば変更してもらえる。
 
Image
タオルアニマル
 またこのベッドの上には、ベッドメイキングが入った際に、次の日のクルーズ新聞と注意事項などと一緒に、こんな感じで可愛らしいタオルアニマルを作って置いていってくれたりもする。絶妙に可愛らしいアングルのタオルアニマルは、崩すのがもったいないぐらいとってもキュートだ♪
 こんな可愛いタオルアニマルを作ってみたいなぁという人は、「タオル折り教室」というイベントでタオルアニマルの作り方を教えてもらえるので、そういうイベントに参加してみるといいだろう。
 
Image
日本語の船内新聞
 また、ベッドの上に毎日置かれる船内新聞は英語版となっているが、その新聞の日本語訳のものが、夕方以降にこうして部屋の番号タグのところにささっているので、英語が苦手な人も日本語で明日のスケジュールを確認することができる。
 
Image
ベッドの横には電話も付いている
 ベッドの横には、船内の各サービス(ルームサービスやベッドメイキング、メンテナンスなど)や、他の客室にもつながる電話が備わっている。また、日本人コーディネーターが乗船している日程のクルーズでは、コーディネーターの方が電話を掛けてきてくれたりもする。
 
Image
ベッドの横には大きなソファ
 ベッドの横には、大人が横にもなれる大きなソファも置かれている。このことからも、このバルコニー付きのお部屋が結構広いというのが分かるはずだ。
 
Image
ベッドの向かいにはドレッサー
 ベッドの向かい側にはドレッサースペース。テレビも付いていて、各種チャンネルを楽しめるほか、ロイヤルカリビアンがオリジナルで作っている短編映像やクルーズのCMなんかも見ることができる。
 
Image
セキュリティボックスも完備
 テレビの上にはセキュリティボックス。貴重品はここに入れておくと安心だ。使い方は簡単で、好きな数字を押して最後にシャープを押して開閉となる。
 
Image
冷蔵庫も付いている
 TVの下には空の冷蔵庫も用意されている。冷蔵庫といっても設定温度は13℃程度なのでキンキンに冷やすことはできない。なお、お部屋に最初に入ってきた際には、ウェルカムドリンクとしてミネラルウォーターが2本用意されているので、部屋に入ったらまずそのお水を冷やしておくのもいいだろう。
 なお、ロイヤルカリビアンクルーズでは、なんと乗船当日に限り、750ml以下のボトルワインを2本持ち込むこともできる。なので、そんなに冷やさなくても美味しく飲める赤ワインなんかを持ち込んで冷蔵庫にストックしておくのもおすすめだ。
 
Image
ドライヤーも置かれている
 ドレッサーの引き出しにはドライヤーも完備。なのでわざわざ日本からドライヤーを持ち込む必要はない。
 
Image
電気ケトルまで置いてある
 さて、このボイジャー・オブ・ザ・シーズのキャビンで一番驚いた設備がこちら、電気ケトルだ。この設備は話によるとアジアクルーズのみ備え付けられているアメニティとなるらしいが、部屋に電気ケトルがあると、お湯を簡単に沸かせて、お茶やコーヒーが飲めるので非常に嬉しい。なお、ドレッサーの隅にはマグカップと、お茶などもホテルのように準備されている。
 
Image
ドレッサーにはコンセントも
 また、ドレッサーの鏡の下辺りにはコンセントも付いている。形状は日本の電気機器が使えるAタイプ。ただし電圧は120Vと日本の電圧(100V)よりも高い設定になっているので、ちゃんと120Vに対応した電気機器を持ち込むようにしよう。なお延長コードやタコ足配線は、消費電力が大きくなりすぎてクルーズ船内では危険なため持ち込むことはできないので注意しよう。
 
Image
お部屋のエアコン
 ドレッサーの側面あたりには、このようにお部屋のエアコンの温度を調整できるダイヤルも付いている。今回のクルーズは常夏の東南アジアを巡る旅ではあるが、意外と夜は寒く感じることもあるので、健康管理にためにも、ここをうまく調整して快適な温度を保つようにしよう。
 
Image
キャビンの朝食ルームサービス
 キャビンの壁掛けのところには、朝食ルームサービス用のオーダーシートも用意されており、欲しいものと時間にチェックを入れて、朝方3時までにこのように部屋の外のドアノブにオーダーシートを掛けておくと、お好みの朝食をお部屋まで届けてくれる。なお、オーダーシートの左側は無料メニューだが、右メニューは有料となってるので、オーダーの際には間違えないように注意しよう。
 
Image
キャビンのプライベートバルコニー
 では、お待ちかね。このキャビン(客室)のハイライトとも言える、このプライベートバルコニーを紹介したい。プライベートバルコニーにはチェアが2つとテーブル1つが用意されている。ここでコーヒーを飲んだり、夜景を眺めながらワインを飲んだり、出港の風景を眺めたりすることができる。言ってみれば、クルーズ旅行のハイライトのひとつとも言える空間だ。
 
Image
離れていく港を眺める
 こちらはシンガポール港を離れていく風景を、お部屋のバルコニーから眺めたところ。海の向こうには、シンガポールの摩天楼、そして行き交うタンカーなどが遠くに見える。クルーズ旅行を一番実感できるこの出港の風景を、お部屋からプライベートに眺められるというのは、このバルコニー付きキャビンの最大の魅力と言えるだろう。
 
Image
運が良ければきれいな夕日も
 また天候に恵まれれば、このようにキャビンのバルコニーから美しい夕焼けの海を眺めることもできる。思わず何枚も写真を撮ってしまう、そんなステキな風景を独り占めできる幸せ♪
 
Image
バスルーム
 バルコニー付きキャビンのお部屋の紹介の最後に、バスルームも見ておこう。バスルームはユニットバスタイプだが、シャワールームとトイレはカーテンではなく、半透明な扉で区切られており、シャワーの際に扉を閉めておけば、バスルームが水浸しになることは無い。
 
Image
バスアメニティ類
 バスアメニティ類は、石鹸やタオル、歯磨き用のコップは置かれているが、歯磨きやひげそり、シャワーキャップといったものは無いので、バスアメニティ類は旅行用のものをちゃんと日本から持ってくるのをお忘れなく。
 
Image
シャワールームには全身シャンプー
 またシャワールームの壁には全身シャンプーは備え付けられている。シャワーは日本人には嬉しい手式シャワーヘッド。勢いは結構強い。バスタブは無い。
 
Image
バルコニー付きキャビンのメリット
 ロイヤルカリビアン - ボイジャー・オブ・ザ・シーズのバルコニー付きキャビンの中の様子や、アメニティ、設備の詳細は以上となるが、やはりこのタイプのお部屋の魅力はなんといってもプライベートなバルコニーが備わっているところだろう。いつでも好きなときに、プライベートにクルーズ中の海の景色を眺められるというのは、本当に贅沢なシチュエーションだ。もちろんクルーズ旅行というのは、寄港地観光はもちろん、船内でも数々のイベントが行われているため、お部屋でのんびりする暇があまり無かったりもするが、たまには少し遅めに起きて、コーヒー片手にバルコニーに出て、外の寄港地の風景や、流れていく海の景色を眺めるのは、本当に贅沢なクルーズ体験になるはずだ。
 
ロイヤルカリビアンのクルーズ予約
 ロイヤルカリビアンの日本語サイトでは、いろんなお得なクルーズ旅行がある。かなり頻繁にセールもやっているので「ロイヤルカリビアンのクルーズ旅行に行ってみたいなぁ」と思ったら、下のリンクから現在のお得なクルーズを見つけよう!
更新記事
card card 【マリオット アメックス】高級ホテルも無料宿泊!マリオットアメックスカードのメリットとデメリット【旧SPG AMEX】 sale sale 【航空券セール情報】全日空 ANA 創業70周年記念で3日限定!国内線&ハワイセール! sale sale 【2022年 ウーバータクシー クーポン 11月30日まで使える!】京都旅行にも最適!Uber タクシーのお得なプロモーションコード の使い方と最新のプロモーションまとめ【Uber Taxi】 travel book - 2022年7月 travel book - 2022年7月 コロナ後初海外旅行!2022年夏のグアム旅行記 tourism tourism 【徹底解説】京都 嵐山の保津川下り!どこから乗る?時間は?価格は?予約方法は?【京都観光】 tourism tourism 超人気!紅葉シーズンの嵯峨野観光鉄道トロッコ列車に乗る方法【京都観光】 restaurant restaurant モアナサーフライダーの朝食は今まで食べたハワイの朝食で一番美味しいかも!?【モアナサーフライダー ウェスティン】 airline airline 【JALハワイ】B789 ビジネスクラス JL74 羽田→ハワイ・ホノルル の機内の様子と機内食【飛行機の搭乗記】 hotel hotel 【ロイヤルハワイアンホテル】海も緑も楽しめるコーナースイートルーム「Alfred Apaka Suite Room 4890」 beauty beauty 【POLA リンクルショット 口コミとお得なキャンペーン情報】11月のお得なキャンペーン開催中!【ポーラ化粧品の効果とレビュー】 hawaii hawaii 【コロナ後のハワイ情報】悲報:ワイキキのマリオット系ホテルラウンジは営業お休み中【2022年11月】 hotel hotel 【モアナサーフライダー ウェスティン】スイートナイトアワードを使って泊まれるアップグレード対象の部屋 hawaii hawaii 【コロナ後ハワイ 最新】ハワイ ワイキキのフードコートの食費はいくら?全店舗価格調査【ロイヤルハワイアンセンター フードコート パイナラナイ】 hotel hotel 【ロイヤルハワイアンホテル】スイートナイトアワードを使って泊まれるアップグレード対象の部屋 更新記事をもっと見る
 
マリオット アメックス プレミアムカード マリオット アメックス プレミアム 旅行がお得にアップグレード!モリオとミヅキが愛用する『最強』のクレジットカード - Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを紹介。 詳細記事へ
 
COPYRIGHT (c) 2015 - 2022 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 生活 宿泊記 旅行記 ホーム