お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP ベトナム・ホイアン ホイアン旧市街(昼)
area - エリア

ホイアン旧市街(昼)

Image
国際貿易港として古く栄えた街
 ダナンから南方へ約30km、ベトナム中部クアンナム省の都市「ホイアン / Hoi An」。16世紀末以降、国際貿易港として栄え、1770年代に西山の乱で完全に破壊されるも、その後再建され、19世紀頃まで栄えた港町。その後、国際貿易港の役割はダナンに移ってゆくも、その古い町並みは残され、ベトナム戦争でも破壊されること無く今にその歴史を伝えている。1999年には世界遺産として登録され、ベトナムの観光名所の1つとして、世界各国から旅行客が訪れている。
 
 
Image
旧市街は時間帯で歩行者天国になる
 ホイアン観光の中心部(上のマップの黄色い部分)は、15:00~21:00(2015年7月現在)の間、写真のような目印が置かれ、歩行者と自転車のみが通行できる歩行者天国になる。(旧市街は簡単に端から端まで徒歩で移動できる距離。)そのため、タクシーなどは中に入れないので、タクシーを捕まえたい場合は、歩行者天国エリアの外に行く必要がある。この看板の近くには警備員のような人がおり、目が合うと「TAXI?」と声をかけてくる。多分「イエス」というとその辺のタクシーを止めるのだろう。また、ホテルのシャトルバスなども旧市街の中は入れないので、決められた場所にで乗り降りすることになる。シャトルバスで出かける際は、場所をよく確認しておこう。また、シャトルバスの利用には予約が必要な場合が多いのでフロントで確認をお忘れなく。
 
ホイアンの街並み散策(昼)
ホイアンの街並みを昼に歩いた様子を動画で。田舎の昭和生まれの私にはどこか懐かしい雰囲気さえ感じられる街の様子。ほとんどの建物が商店にはなっているが、その中にもホイアンで生きる人の生活感がどことなく漂う。
 
Image
いざというときのネット回線
 土地勘が無い場所に行くと、迷子にならないか心配になる。そんなとき地元のプリペイドSIMがあれば心強い。しかし、言葉の壁やタイミング、自分の持っているスマホの環境(フリーSIMではない)などで、プリペイドSIMが使えないときに、持っておいて安心なのが海外で使える「ポケットWiFi」。スマホはモバイル通信をOFFにして、ポケットWiFi経由でネットを使えば、通信料を抑えながら、自分の場所や行きたい場所などを確認できる。いくつか日本で契約出来て、海外に持っていけるWiFiサービスをピックアップしてみたので、参考にしてほしい。
SPGアメックス SPGアメックスカード 高級ホテルもポイントで無料宿泊!モリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
 
COPYRIGHT (c) 2015 - 2021 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 生活 宿泊記 旅行記 ホーム