お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP オーストリア航空 オーストリア航空 A320 ビジネスクラス ウィーン⇔コペンハーゲン / 搭乗記
airline - エアライン

オーストリア航空 A320 ビジネスクラス ウィーン⇔コペンハーゲン / 搭乗記

オーストリア航空 A320 ビジネスクラス
オーストリア航空の短距離路線ビジネスクラス
 オーストリア航空OS303便(オーストリア・ウィーン発~デンマーク・コペンハーゲン行き / 短距離路線)のビジネスクラスに搭乗したので、その時の機内の様子やシートの広さ、機内食などを紹介していきたいと思う。使用機材はA320。短距離路線で使用されている小型の機材となる。
 
 
オーストリア航空 A320 ビジネスクラス
シートはエコノミー席と同じ
 ビジネスクラスのシート、、、といっても、ヨーロッパ間の短距離路線は、日本で言うところの国内線のような感覚のため、使用されていたビジネスクラス席は、なんとエコノミークラスと同じもの。もちろん前側に個人モニターなどは無く、電源プラグなども一切なし。
 
オーストリア航空 A320 ビジネスクラス
2人で3席を使う
 席の並びは、エコノミークラス、ビジネスクラスともに3-3の配列。ただし、ビジネスクラスの場合はこの3席を2人で使用するようになっているため、座った時のプライベート感と広さは、エコノミー席のそれとはかなり異なり快適である。
 
オーストリア航空 A320 ビジネスクラス
シートピッチ
 またビジネスクラス席のシートピッチ(縦幅)は広めに設けられている。このOS303便、コペンハーゲン行きは所要時間が2時間弱のため、この短時間を過ごす分には、全然問題のない快適性ではないかと思う。
 
オーストリア航空 A320 ビジネスクラス
エコノミークラスとの境界線
 このビジネスクラスとエコノミークラスのエリアは、飛行中はカーテンによって遮られている。またビジネスクラスエリアの前側にはビジネスクラス席専用のトイレが設けられており、エコノミークラス席のゲストは使用できないようになっている。このウィーン>コペンハーゲンのフライトは、予算的には、エコノミーが約3.2万円、ビジネスクラスが約9.2万円(2018年1月現在)と約6万円ほどの開きがあるため、それだけ機内サービスの区別化も行なわれている。
 
オーストリア航空 A320 ビジネスクラス
CAさんの制服はレッド
 オーストリア航空のCAさんの制服はレッド。タイツと靴も赤く凄くよく目立つ色合いになっている。男性のCAさんはパンツは黒。CAさんのサービスも非常に良く、フライト中はとても居心地が良かった。
 
オーストリア航空 A320 ビジネスクラス
インターネットも利用可能
 また、機内では安定高度に入ると、WiFiサービスも利用可能。こちらはエコノミー、ビジネス関係なく利用出来る。使い方は、まずは機内モードのままWiFiをオンにして「myAustrian FlyNet」に接続。その後、ログイン画面が現れるので、「Internet Access」を押して料金プランを決めて決済を完了したら使用可能となるようだ。値段は3ユーロ(150kb/s)、7ユーロ(600kb/s)、12ユーロ(Max Speed)と、回線スピードによって変わるようだ。そしてこのネット接続料金はオーストリア航空のマイレージプログラム「Mile&More / ルフトハンザ航空と同じプログラム」でも支払い可能となっている。
 
オーストリア航空 A320 ビジネスクラス
機内食も用意されている
 約2時間ほどの短距離フライトではあるが、ワンプレートの機内食も用意されている。内容は、ハンバーグにサラダ、玉子焼きのようなオムレツ、チーズ、それに選べるパンがついている。お味は、素朴な見た目とは裏腹に、手作り感があって非常に美味しかった。
 
オーストリア航空 A320 ビジネスクラス
アルコールも飲める
 食事と一緒に飲めるドリンクには、ワインやビールなどのアルコール類もちゃんと用意されている。私たちは、オーストリア産のレッドワインをいただいた。ワインは少なくなるとガンガン注いでくれる。。。酔っ払うw
 
オーストリア航空 A320 ビジネスクラス
食後のコーヒー
 食後にはコーヒーや紅茶をいただくことができる。またこの食後のコーヒーと一緒にひとくちチョコレートも配ってくれた。ごちそうさまでした。
 
オーストリア航空 A320 ビジネスクラス
オーストリア航空の短距離フライト
 ヨーロッパ間の短距離フライトというのは、このようにエコノミー席を使ったりしているため「なんちゃってビジネスクラス」とも揶揄されたりはするが、すごく短いフライトの中でも、おいしい食事を用意してくれたり、こまめにドリンクをいただけたりと、機内サービスの面では充実していると感じたフライトだった。もちろん約2時間弱のフライトなので、余分な費用をかけてこのビジネスクラスを利用するかどうかは迷うところではあるが、私達のように特典旅行の一行程として利用するのであれば、体験してみるのも悪く無いと思ったフライトだった。
更新記事
card card 【マリオット アメックス】高級ホテルも無料宿泊!マリオットアメックスカードのメリットとデメリット【旧SPG AMEX】 hotel hotel 【ル・メリディアン・モルディブ】インド洋の絶景を目の前に臨む「サンセット水上ヴィラ」- 水上コテージ hotel hotel 【ル・メリディアン・モルディブ】インルームダイニングとミニバーのメニュー&価格表 ahamo ahamo 【アハモ】ahamo(アハモ)のeSIM申込方法と開通まで beauty beauty 【正規品のPOLA を安く買う方法】2月のお得なキャンペーンを解説【ポーラ化粧品の効果とレビュー リンクルショット B.A】 kyoto kyoto 【全国旅行支援事業 延長決定 使い方】京都 きょうと魅力再発見 旅プロジェクトで宿泊代 実質無料!?【GOTO 全国旅行支援割 きょうと】 sale sale 【2023年 ウーバータクシー クーポン 2023年2月28日まで使える!】京都旅行にも最適!Uber タクシーのお得なプロモーションコード の使い方と最新のプロモーションまとめ【Uber Taxi】 ahamo ahamo 【アハモ】開通まで約10分!ahamo(アハモ)を物理SIMからeSIMにプラン変更&開通させるまでの方法! hotel hotel 【マリオット・ボンヴォイ】1泊ごとにダブルエリートナイト&1000ポイント獲得キャンペーン! travel book - 2022年7月 travel book - 2022年7月 コロナ後初海外旅行!2022年夏のグアム旅行記 info info モルディブのSIM購入&利用方法!リゾートでの電波状況は?【モルジブ旅行】 sale sale 【ウーバータクシー プロモーションコード 1月16日最新】2023年1月31日まで使える4000円お得になるクーポンコード【Uber タクシー】 mini mini 【ドラレコ】ドライブレコーダーを買って後悔する前に!ドラレコの駐車監視モードはバッテリーあがりに注意 life life 【お正月飾り】正月飾りはいつまで?外す日 捨て方など処分方法は?【自宅での処分方法も】 更新記事をもっと見る
 
アクセスランキング
ranking 1 ranking 1 【MUFG】三菱UFJカード・プラチナ・アメックスを持ってわかったメリットとデメリット / 三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード ranking 2 ranking 2 【ミラブルは効果なし?】ミラブルシャワーヘッドの効果を中年夫婦が本音レビュー【サイエンス】 ranking 3 ranking 3 【2023年 ウーバータクシー クーポン 2023年2月28日まで使える!】京都旅行にも最適!Uber タクシーのお得なプロモーションコード の使い方と最新のプロモーションまとめ【Uber Taxi】 ranking 4 ranking 4 【マリオット アメックス】高級ホテルも無料宿泊!マリオットアメックスカードのメリットとデメリット【旧SPG AMEX】 ranking 5 ranking 5 正規品のポーラ リンクルショットやPOLA B.Aを安く買う方法!お得なキャンペーン情報のページ!【POLA リンクルショット】 ranking 6 ranking 6 旅ブロガー直伝 旅行の化粧品を超コンパクトにする方法【詰め替え】 ranking 7 ranking 7 【マリオット アメックス プレミアム】高級ホテルに無料宿泊!旅行をお得にアップグレード!Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード【紹介】 ranking 8 ranking 8 モリオとミヅキの旅行記ブログ・全31タイトル ranking 9 ranking 9 【星空 撮影 アプリ】iPhoneで満天の星空の撮影方法・天の川も撮れる!【スマホ おすすめ アプリ】 ranking 10 ranking 10 シワ改善は本当?ポーラ リンクルショットの効果の写真と口コミ
マリオット アメックス プレミアムカード マリオット アメックス プレミアム 旅行がお得にアップグレード!モリオとミヅキが愛用する『最強』のクレジットカード - Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを紹介。 詳細記事へ
 
COPYRIGHT (c) 2015 - 2023 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 生活 宿泊記 旅行記 ホーム