ホテル

【マリオット / SPG】2018年8月18日の会員プログラム統合後のアカウント利用の注意点【マリオット・ボンボイ / ボンヴォイ(マリオットリワード】

マリオットとSPGの2018年8月18日統合後の注意点

【マリオット / SPG】2018年8月18日の会員プログラム統合後のアカウント利用の注意点【マリオット・ボンボイ / ボンヴォイ(マリオットリワード】
現在、すでにマリオット・SPG・リッツカールトンのホテルプログラムは1つのロイヤルティプログラム「Marriott Bonvoy - マリオット・ボンボイ / ボンヴォイ」に統合済みとなっているため、この情報は過去のものとなり、内容が異なる場合があります。ご注意ください。

マリオットと、リッツ・カールトン、そしてSPG(スターウッドプリファードゲスト)の会員プログラムが、2018年8月18日に統合され、一つのエリートプログラムに統一される。この新しい会員プログラムの名称についてはしばらくはそのままで(多分、2018年8月18日の段階では全てマリオットリワードのアカウントに統合される)、2019年初旬に新しい名称が発表されるのだが、この統合後のアカウントについて重要なアナウンスがあるので、メジャートリップでもその注意点を書いておきたいと思う。


統一後のマリオットアカウントは自身で統合する必要あり

タイトルだけでは何を言っているのか分かりにくいと思うので、上の図と一緒に説明しよう。まず、現在存在している「マリオット」「SPG」「リッツカールトン」のアカウントは、自動でマリオットアカウントに変更となり、ポイントも例えばSPGのスターポイントもマリオットリワードのポイントに変換される(SPGスターポイント:マリオットリワードポイント=1:3の割合)。

しかし、それらの変更された各マリオットアカウントはそれぞれ独立したままで、同じ人の複数のアカウント(もともとマリオットとSPGのアカウントを両方持っていた人、等)は、以前にリンクしていたアカウント同士であっても自動での統合は無い、ということだ。

例えば、私は現在マリオットリワードのアカウントと、SPGのアカウントを所持しており、この2つのアカウントはリンクされている状態であるが、それは2018年8月18日のマリオット / SPG / リッツカールトンの会員プログラム統合の後も、独立した2つのマリオットアカウントのまま、というわけだ。そしてプログラムが統一された後に、自分で2つのアカウントを統合する作業(多分ネットで出来るんじゃないかなぁ?)を行って初めて、2つのアカウントが統一され、ポイントも合算、宿泊実績(ナイトクレジット)も合算、ステータスも統一される、というわけだ。

そのため、私のようにマリオット、SPG、リッツカールトンのアカウントを2種類以上持っている人は、マリオット / SPG のプログラムが統一された2018年8月18日以降に、必ずこのアカウントの統合作業を行うようにしよう。

今後も、マリオットやSPGから何かお知らせが来たら、随時解説していきたいと思う。