ホテル

【マリオット・ボンヴォイ】ホテルカテゴリー廃止!フレキシブルポイントとフリーナイトアワード・トップオフ追加が発表!

目次

  1. マリオットがホテルカテゴリーを廃止!
  2. ポイント宿泊に必要な「フレキシブルポイント」
  3. フリーナイトアワードに「トップオフ」制度を追加
  4. ポイント宿泊でホテルを押さえておいたほうがいいかも?

マリオットがホテルカテゴリーを廃止!

【マリオット・ボンヴォイ】ホテルカテゴリー廃止!フレキシブルポイントとフリーナイトアワード・トップオフ追加が発表!

2022年3月より、世界最大のホテルチェーン「マリオット・ボンヴォイ」が従来のホテルカテゴリーを廃止し、各ホテルのポイント宿泊に必要なポイント数に「フレキシブルポイント - FREXIBLE POINT」制を導入することを発表した(発表原文 - marriott.com はこちら)。

また、このホテルカテゴリーの廃止とフレキシブルポイント制の導入に加え、SPGアメックスカードの更新などで獲得できるフリーナイトアワードにトップオフというシステムを追加すると発表した。これらの新システム導入により、マリオット提携ホテルのポイント宿泊の環境がかなり変わってくるのだが、一体どんなふうになるのか詳しくまとめておきたいと思う。


ポイント宿泊に必要な「フレキシブルポイント」

まずホテルカテゴリーの廃止と、ホテルのポイント宿泊に必要なポイント数がフレキシブルポイント制に移行することから。

従来はマリオット・ボンヴォイ提携のホテルは、設備やクオリティによりカテゴリー1~8までのカテゴリーに分けられ、そのカテゴリーごとに定められたポイントチャートに従ってポイント宿泊することができるというシステムが採用されていた。

しかし、このホテルカテゴリーは2022年3月から撤廃され、それぞれのホテルがフレキシブル(柔軟)にポイント宿泊に必要なポイント数を決定できる「フレキシブルポイント」制へと移行することになった。

気になる必要ポイント数は、実際にフレキシブルポイント制度が始まらないとなんとも言えないが、事前のマリオット側のアナウンスでは「必要ポイント数は実際の宿泊代金に近くなる」とのこと。ただし、マリオットが1ポイントを何円ぐらいで想定しているのか定かではない。

例えば1泊5万円するホテルの場合、1ポイント1円で考えるなら、ポイント宿泊には5万ポイントが必要となるが、1ポイント0.5円となると必要ポイント数は10万ポイントと、なかなか大変なことになる。果たして、1ポイントの価値はどのぐらいが想定されるのか・・非常に気になるところだ。


フリーナイトアワードに「トップオフ」制度を追加

またフリーナイトアワードについても変更があり、従来のフリーナイトアワード(無料宿泊の特典)に「トップオフ」という制度が追加される。このトップオフ制度というのは、現在、自分が持ってるフリーナイトアワードにポイントを最大15,000ポイントを追加することができるというもの。

例えば、SPGアメックスカードではクレジットカードの更新で、1泊50,000ポイントまでのホテルに無料宿泊できるフリーナイトアワードの特典が用意されているが、この50,000ポイントに自分の持っているマリオット・ボンヴォイ・ポイントを足して、最高 1泊65,000ポイントまでのホテルに無料宿泊できる。

現在のホテルカテゴリー制でのポイント宿泊と比べ、必要ポイント数がほとんど変わらないのであれば、ポイントを継ぎ足すことで今までよりも豪華なホテルに無料宿泊できることになるが、実際どんなホテルに泊まれるのかはフレキシブルポイント制度が始まらないとわからないところだ。


ポイント宿泊でホテルを押さえておいたほうがいいかも?

今回のマリオット・ボンヴォイのホテルカテゴリーの廃止とフレキシブルポイント制度の導入、そしてフリーナイトアワードのトップオフ制度の追加は、始まってみないことには今よりもポイント宿泊がお得になるのか、それともより多くのポイント数が必要になるのかは定かではない。

しかし、もしも現在ポイント宿泊で2022年3月以降に泊まってみたいホテルがある場合は、今のホテルカテゴリー制が残っている間に、とりあえずポイントで予約をしておくのがおすすめだ(宿泊数日前までキャンセル無料の予約なのを要確認)。今後もまた新しい情報があれば、更新していきたいと思う。