もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
info - 情報
更新日 2018年11月30日

ベトナムの時差。日本とは時間帯の感覚が少し違うことにも注意しよう!

 
ベトナムと日本の時差

 ベトナムの時間は日本よりも【2時間遅れ】ている。例えば、日本が午前11時なら、ベトナムは午前9時。この2時間遅れによる時差ボケについては、日本からベトナムに渡航する際に、2時間1日が伸びる程度なので、それほど気にする必要は無い。ベトナムに着いた時にちょっとしんどいなぁ、身体がダルいなぁと思った時は、多分それは時差ボケではなく、飛行機での移動疲れの可能性が高い。

 また、ベトナムは、町が非常に活気があり、夜になっても沢山の人が車やバイクで移動していたり、お店の前でしゃべっていたりして楽しい。夜の感覚については、コンビニがいつまでも開いている日本の都市部ととさほど変わり無い。治安についても、東南アジアの中では比較的良好なので、ここが海外であることを忘れず、あまり人気のないところをうろついたりしなければ、危ないことは無いだろう。

今回のお話の舞台場所は...

 
ベトナム人の時間の感覚

 さて、ここで注目しておきたいのはベトナム人の時間の感覚について。ベトナムでのビジネスアワーは朝8時〜夕方17時が一般的。日本の場合は朝9時〜夕方18時ぐらいが一般的なので、ベトナムの経済活動は1時間ほど日本よりも早いのを覚えておくといいかもしれない。また市場などになると、ピークタイムが朝6時〜8時とかなり早いので、ベトナムの活気のある市場の風景を見てみたい場合は、かなり早起きして出掛ける必要がある。

 ただ、ショッピングモールなどは、朝10時〜夜22時ぐらいまでやっているところが一般的で、こちらは日本の都心部とあまり変わらない状況なので、それほど気にする必要は無い。どこも観光客相手に商売をやっているところに関しては、それほど時間の感覚に差は無いので安心しよう。

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間40万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP