もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
beauty - 美容

【実体験レポート】パーマを失敗。チリチリパーマの直し方

 
出展:naturallycurly.com
まさかのチン毛パーマ、、、

 オシャレにするために、そしてセットをしやすくするためにパーマをかけたのに、まさかの大失敗で目も当てられないチリチリパーマになってしまったら。。。もう、家から一歩も出たくない!誰にも会いたくない!!!あぁ…消えてしまいたい!って思うくらい切実な悩み。

 海外旅行の出発2日前にそんなひどい状況になったら…もうね、旅行中止にしたくなるレベル。モリオは「チン毛パーマやな!」といって大爆笑するし、腹が立って否定しようにも鏡に映ったその姿はまさにチ○毛パーマそのもの。もうイヤ。。

 
出展:kamifu-sen.com
ビビリ毛になったら切るしかない。でもなんとかしたい!

 こういう「ビビリ毛」の状態になってしまったら、髪の毛が痛みきってしまってるのでもうどんなことをしても再生はしない。美容師曰く「切るしかない」(涙)。切ると言っても、新しい髪の毛が伸びるまで今後家から一歩も出ないわけにもいかないからハゲにするわけにもいかず…。とりあえずある程度切って短くするにしても、残った髪の毛がこんなチリチリ状態ではどこにも行けない(涙)。なんとか外を歩ける程度、人前に出られる程度には見た目を直したい。明後日には旅行に行くのに、このままじゃぁ、このチン毛パーマを世界にお披露目することになる。イヤだ!それだけは絶対にムリ!

 とりあえず、カットするために美容院に行くためにも家から出られる頭にしなくては。。。

 
家でできる失敗したパーマのなおし方・その1

 まずは、パーマを失敗したときの緊急対処法。洗い流さないトリートメントを使う方法。

1:「パーマをかけた当日に髪の毛を洗う」

パーマをかけてすぐは薬剤の浸透が不安定だから、パーマの持ちをよくさせたいときは髪の毛を2日ほど洗わないほうがいいと言われるけれど、逆に早く落としたいときはパーマ当日に髪の毛を洗うといい。

2:「シャンプー後にぬれた状態の髪の毛をコームでとかす」

シャンプー後、タオルドライしただけの濡れた状態の髪の毛に「洗い流さないタイプのトリートメント」をしっかり塗って目の粗いコームで真っすぐストレートになるようにしっかりととかす

3:「ドライヤーやヘアアイロンを使ってブローする」

コームでとかした髪の毛をストレートになるようにしっかりとのばしながらブローする。ヘアアイロンで真っすぐに伸ばすのもいい。

4:「1~3を2回ほど繰り返したら、かなりまっすぐに戻ってくる」

※緊急対処法なので、髪質によっては合わない場合もあるので自己責任で。

 
出展:herushiru.jp
パーマ失敗!家でできる緊急対処法・その2

 家にある食用油でのばす方法。(使用してない新しいものを使うこと)ヘアスタイリング剤ではなく普通の油を使うので、十分注意して自己責任で行う事。

1:「お風呂場で髪の毛に食用油(キャノーラ油とかオリーブ油とか)を塗る」

体や服に油がついてしまうので、お風呂場でパーマを落としたい部分の髪の毛に油を塗る。

2:「タオルを巻いて髪の毛を包む」

油を塗った髪の毛をタオルで包み込んで1時間ほどしっかりと油をなじませる。

3:「1時間ほど経過したらシャンプーで洗い流す」

タオルで巻いて1時間ほど経ったら、髪にやさしいシャンプーで油を丁寧に洗い流す。油を髪に塗りつけているからキレイに洗い流すのにはかなり根気が要るし、時間がかかるけど丁寧に落とすこと。

4:「コンディショナーで整える」

シャンプーをした後、コンディショナーを髪に塗って5分ほどなじませたあと、丁寧に洗い流す。

5:「1~4を2回ほど繰り返したら、かなりまっすぐに戻ってくる。」

※髪質によっては合わない場合もあるので十分注意すること。自己責任で。

 
パーマをある程度落としたあとの修復方法

 私はトリートメント剤でパーマを落とす方法でなんとか外を歩ける状態にしてから、翌日美容院に行き、20センチほどバッサリとカットをしてもらった。美容院ではリペアするトリートメントのような施術もあるからそれをやってもらおうと思ったんだけど、それをやっても一時しのぎにしかならないし、そのリペア自体が痛んだ髪の毛には結構負担が大きいとのことで断念。結局、新しい髪の毛が伸びてきて、綺麗な髪の毛に戻るまでの数ヶ月は自分で自宅でなんとかしないといけないわけで…。

 縮毛矯正やデジタルパーマを失敗してチリチリの髪の毛(ビビリ毛)になってしまっている場合は、日々のトリートメントがとっても大事。高価なものを使うよりも、小まめに手入れをしてやる方がいい。今の状態は髪の毛がスカスカになっていて中のたんぱく質が全部外に出てしまっている状態だから、そのスカスカの部分にタンパク質を入れて蓋をしてやることがとっても重要。

 私は、翌日には海外旅行に出発するのでネットで良さ気なシャンプーやトリートメントを取り寄せたり詳しく調べる時間も無かったので、とりあえず近所で手に入る「パンテーン」の「エクストラダメージシリーズ」を一通り購入して、それを海外にも持っていった。「エクストラダメージケア 濃厚トリートメントプログラム」(こちらは洗い流すトリートメント)というやつは2セット(1箱5本入りなので合計10本)買った。スーパーやドラッグストア、コンビニとかでも手に入ると思う。

 旅行中は「シャンプー」→「コンディショナー」を5分ほど蒸らして洗い流す→「洗い流す濃厚トリートメント」を5分ほどまた蒸らしてダメージ補修→洗い流してタオルドライ→「洗い流さないトリートメント」をしっかり塗る→地肌と髪の毛をきれいに乾かして寝るようにしたら、、、それまで縮れてバシバシだった髪の毛がかなりふわっとして柔らかくなっていい感じ。パーマ自体は残っているけど、チリチリしたビビリ毛がほとんど無くなった。かなり手間がかかる気がするけど、外で出会った人にチン毛パーマを見られて「目が合った瞬間噴出される」よりはマシだ。

 今のところ、ビビリ毛に戻る感じも無く、いい感じをキープしている。このパンテーンのシャンプーとトリートメントを使い切ったら、、、次は「クリームで洗う」というフレーズがすごく気になっている「WEN」を使ってみたいと思う。

 
どこにでも売っているおすすめの格安トリートメント

メジャートリップについて お得に旅する国内&海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間50万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP