お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP マイナポイントでおすすめのクレジットカードはイオンカード!
card - クレジットカード

マイナポイントでおすすめのクレジットカードはイオンカード!

Image
マイナポイント事業って一体何?
 政府主導で始まった「マイナポイント事業」。この事業は、マイナンバーカードを作ってマイナポイントのサービスに申し込み・登録して、自分が選択したキャッシュレス決済サービス(クレジットカード、〇〇ペイなど)でお買い物やチャージをすると、25%相当のポイント、最大で1人5,000ポイント分(5,000円相当 / 2万円利用 or チャージ)が返ってくるというものだが、その仕組みがややこしくて、さらに登録事業者の数も多くて・・・まぁとにかく分かりにくい。
 私も実際、このマイナポイントの仕組みとやり方を理解して実際に利用するまでには相当時間がかかった(笑)ので、今回はこのマイナポイントの概要をわかりやすく紹介。
 そして、このマイナポイントを受け取るのに一番便利でお得な決済手段は何か、、、と、色々探した結果、我が家も作ったおすすめのクレジットカードを紹介していきたいと思う。
 
 
Image
マイナポイントとは?
 まず、マイナポイントとは一体何なのか、そのあたりから説明していきたいと思う。このマイナポイントとは「1ポイント=1円相当」の価値がある政府が発行するポイントのことで、何かお買い物をした際に支払総額の25%分のマイナポイントを付与してもらえ、そのポイントは、また後日、ポイント付与後にお買い物で利用することができる。
 しかし政府発行のポイントというのは制度的に用意されて無いので、そのマイナポイントの代わりに、マイナポイント事業に登録している業者(各種クレジットカード会社、auペイ、dポイントなどの〇〇ペイなど / キャッシュレス事業者)のポイントとして還元しますよ、ということだ。
 このマイナポイント事業には、大きく2つの目的がある。
  • マイナンバーカードの促進
  • キャッシュレス決済の促進
 
Image
出展:総務省
マイナポイントを受け取るためにするべきことは?
 このマイナポイントを受け取るためには、まずはマイナンバーカード(「マイナンバーカード」と「マイナンバー通知カード」は別物なので、「マイナンバー通知カード」ではダメ)を作ることが必要となり、さらに、自分がポイント還元を受けたいマイナポイント登録事業者に「マイナポイントをあなたのポイントとして受け取りたい」と申し込んで登録する必要がある。
 ただし、このマイナポイント事業者への登録作業は、登録したいマイナポイント登録事業者のアカウント(対象のクレカ、〇〇ペイのアカウントなど)と、非接触決済機能の付いたiPhone(7以降)やAndroidなどのスマホとインターネットがあれば、専用アプリをダウンロードすれば、自宅で登録完了まで行うことができる。
 なお、このマイナポイント事業に参入している企業と、マイナンバーカード読み込みに対応しているスマートフォンの一覧は以下のリンクを参照。(リンク先は総務省 / マイナポイント事業サイト)
 また、このマイナンバーカードの読み込みに対応しているスマホを持っていない場合などは、指定銀行や、指定されたコンビニのマルチコピー機、ビックカメラ、ヤマダ電機などでもマイナポイント登録手続きを行うことができる(マイナポイント手続きスポット検索はこちら)。
 
Image
出展:総務省
マイナポイントにおすすめのサービスは?
 さて、マイナポイントの概要が分かったところで、次は『どの決済サービスがおすすめなのか?』見ていこう。
 上の画像はマイナポイント還元対象の決済サービスの一部で、『電子マネー』だけでこれだけの数があり、この他にも『プリペイドカード』『QRコード』『クレジットカード』『デビットカード』などがあるのだ。
 見て分かる通り、このマイナポイント事業サービスには様々な事業者が参入している。マイナポイントは、自分が選んで登録した事業者のポイントとして付与されるわけなんだけど、一体どのサービスが自分に合っているのか??この中から選ぶのは至難の業だ。
 普段から〇〇ペイと使っている人はそれにするのが一番手っ取り早いけど、我が家のように〇〇ペイを使って無い場合は選ぶのが非常に難しい。
 実は私もこのマイナポイント事業者を隅々まで探したけど、この中に自分が普段ポイントを貯めたりしている業者が無くて、一体どれにすれば良いのか正直迷った。
 我が家が貯めているのはANAの航空券を無料で発券できて国内旅行に便利な『ユナイテッド航空のマイレージプラスというマイル』と
 自分でお金を払ってではなかなか宿泊できないような高級ホテルに無料宿泊できたり、ANAやJALなどを含む40社以上の航空会社のマイルにお得なレートで交換できるので、無料で国内旅行や海外旅行にも行ける『マリオットのマリオットボンボイポイント』。
 そんな感じなので『マイナポイントは貰えると助かるけど、普段使わないポイントを貰っても使い道がないしなぁ、、、』と、色々と悩んだ結果、我が家は「イオンカード(WAON一体型)」を選択することにした。
 どうしてイオンカード(WAON一体型)を選んだかというとイオンだったら普段からよく食料品などの日用品の買い物をするので、ポイントを貰っても使い道があるからだ。さらにこのイオンカード(WAON一体型)は、マイナポイントのプロモーションキャンペーンとして、マイナポイントの最大5,000ポイントに加え、ボーナス最大2,000ポイント、さらにイオンカード(WAON一体型)の新規入会でボーナス1,500ポイント(2020年10月31日まで / 延長の可能性あり)がもらえてしまうのだ。
 つまり、イオンカード(WAON一体型)なら、チャージとか無しでクレジットカードを2万円以上利用するだけで(マイナポイントサービス期間である2021年3月31日までの期間内に)、合計8,500ポイント(利用額の34%相当)が還元されるというわけだ。これは非常に簡単でお得。さらにイオンカードは入会金・年会費無料
 ちゅうか、クレジットカードの還元率で34%というのは年会費の高いクレジットカードでもありえない・・・というわけで、「私はイオンカード(WAON一体型)の通常デザイン」、ミヅキは可愛いのが良いということで(笑)「イオンカード(WAON一体型)のトイ・ストーリーデザイン」と、私とミヅキの分の2枚を作ることに決めた。年会費無料だから2枚作っても家計に負担もないのは有り難い。
 そして2人分マイナポイントを還元してもらうと…(キャンペーン期間内に4万円使うことが条件だけど、2021年の3月31日までの期間内なら絶対使う)全部合わせると、合計で17,000円分のWAONポイントが貰えるのだ。これはヤバいなぁ。
 
Image
イオンカード(WAON一体型)
 では、私達夫婦が実際に自分のマイナンバーカードとマイナポイントを登録したイオンカードの特徴を紹介していきたいと思う。
AEON イオンカード
WAON一体型
クレジットカードの特長
カード利用200円ごとに「ときめきポイント」1ポイント獲得
全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどの対象店舗なら200円で2ポイント獲得
貯めたポイントは、WAONポイントに1,000ptから500pt単位で交換可能 / 1ポイント1円相当
ポイントはJALマイルにも1,000ptから500pt単位で交換可能 / 1,000pt=500mile
毎月20日・30日は、イオングループ各店舗でのお買い物で、お買い物代金が5%OFF
年会費
無料
 イオンカード(WAON一体型)の特徴は、このカードを利用すれば、利用代金200円ごとに「ときめきポイント」が1ポイント加算されるというもので、この貯めたポイントは、WAONポイントやJALマイルなどに交換可能となっている。
 またこのイオンカード(WAON一体型)に自分のマイナポイントを登録すれば、このカードに一体型となっているWAON口座に、マイナポイント分(利用代金の25%分 / 最大5,000ポイント)が加算されていくというわけだ。
※ 実際のイオンカード(WAON一体型)の申込方法と、マイナポイントに登録する方法は下の特集記事を参照。
 
Image
クレジットカードなら現金チャージ必要無し
 このマイナポイントの登録先にイオンカード(WAON一体型)をおすすめする理由は、最大8,500ポイント分還元(10月末まで)というボーナスポイントの魅力と、いちいち〇〇ペイとかのQRコード決済のように現金をチャージする必要無く、カードを利用するだけでマイナポイントの還元を受けることができるところだ。
 現金をチャージするには上の図のようなことをしないといけないのだが、普段からクレジットカードを利用する私にとって、QRコード決済の残高チャージは非常に面倒くさい作業になってくる。
 キャッシュレス決済というのは、そういう面倒くさい作業を減らすためのものなのに、その決済にわざわざ残高チャージが必要って、なんだか矛盾してるような・・・?というわけで、チャージの必要が無いクレジットカードが一番カンタンで便利なのだ。
 
Image
マイナポイントはイオンカードなら最大8,500ポイント還元!
 そして、イオンカード(WAON一体型)なら、マイナポイント最大5,000ポイント獲得に加え、イオンカード独自のボーナスでさらに最大2,000ポイント、そして2020年10月31日まで(延長の可能性あり)ならカード入会ボーナスの1,500ポイント、合計8,500ポイントもの還元を受け取ることができる。
 他のマイナポイント事業者(auペイ、dカードなど)を調べてみたところ、このマイナポイントに対するボーナスポイントは+1,000ポイントのところが多かったので、それから比べてもボーナスが2倍の2,000ポイントで、さらにチャージいらずのクレジットカード利用だけでOK。イオンカード(WAON一体型)は本当に魅力的だと思う。
 
Image
マイナポイントはイオンカード(WAON一体型)で決まり!
 マイナポイントの概要と、どうしてイオンカード(WAON一体型)がマイナポイントの恩恵を受けるのに最も適している理由、おわかりいただけただろうか。
 サクッとまとめると、私がマイナポイントの登録先でイオンカード(WAON一体型)を勧める理由は以下の通り。
  • 最大8,500ポイントの還元 / 2万円利用で8,500円相当
  • バックされるポイントはイオングループのWAONなので普段の食料品や日用品の買い出しに使える
  • クレジットカードを使うだけでマイナポイント還元を受けられる / チャージの必要なし
  • クレジットカードの入会費・年会費も無料!
 もしもマイナンバーカードを作ってマイナポイントの還元を受けたいなぁと思ってるけど、提携先を悩んでいる人は、この使いやすいイオングループのイオンカード(WAON一体型)をぜひおすすめしたいと思う。
※ 実際のイオンカード(WAON一体型)の申込方法と、マイナポイントに登録する方法は下の特集記事を参照。
 なお、マイナポイント登録には、まずはマイナンバーカード(申請から作成まで1ヶ月程度かかる)を作る必要があるので、マイナンバーカードをまだ持ってない人はまず自治体の役所などに出向いて、マイナンバーカードを作成するところから始めよう!
SPGアメックス SPGアメックスカード 高級ホテルもポイントで無料宿泊!モリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
 
COPYRIGHT (c) 2015 - 2021 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 生活 宿泊記 旅行記 ホーム